へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼間の時間本企業、タイで相次ぐ事業強化 円高対策&脱中国で存在感

 自動車産業を中心に製造業が集積するタイで、昼間の場合間本企業が相次ぎ事業強化に乗り出している。ホンダが2011年に現地生産の新コンパケト車を投入するほか、JFEスチールは13年に自動車向け高級鋼板の生産を始める。円高対策と新興国マーケットの開拓という2つの課題を同場合にクリアするには、「アジアのデトロイト」とも呼ばれるタイを生産?輸出根拠地とするのが得策との決断だ。尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を動機に、ビジネスで中国に大きく依存する危険も意識されており、「世界の工場」としてのタイの存在感が高まり始入れいる。

 ◆トヨタHV生産も

 ホンダは9昼間の場合間、タイで30昼間の場合間に開幕するモーターショーに新コンパケト車の試作車を出展すると公表した。新コンパケト車は同社の主力車「フィット」をベースに開発し、11年中にタイとインドに投入する。両国で年間10万台程度生産し、タイからは東南アジアなどにも輸出する方角だ。

 タイでは今月から、二輪車の世界戦略車の第2弾「CBR250R」も生産?販売する。スポーツモデルの中型車(排気量250cc)で、来春以降、昼間の場合間本や欧米、東南アジア各国にも輸出する予定だ。タイでは昨年11月に世界戦略車の第1弾としてスクーター「PCX」の生産?販売を始め、今年3月からは昼間の場合間本などにも輸出している。

 トヨタ自動車も今月末にタイでハイブリッド車(HV)「プリウス」の生産を開始。三菱自動車はタイで既存工場の隣接地に新工場を建設し、12年から開発中の世界戦略コンパケト車を生産する方針だ。タイだけでなく、昼間の場合間本を含む世界に輸出する方角で検討している。すでに昼間の場合間産自動車は7月発売した世界戦略車「マーチ」をすべて海世間生産し、昼間の場合間本国内向けもタイからあべこべ輸入するという業界の“常識破り”に踏み切った。

 ◆輸出根拠地に活用

 自動車各社がタイに生産を集中させているのはタイマーケットの魅力に加え、割安な部気品を現地調達しやすく生産原価の軽減が見込めるためだ。ASEAN(東南アジア諸国連合)域内やオーストラリアなどとFTA(気まま貿易協定)を結んでおり、輸出根拠地としても利用しやすい。昼間の場合間産のタイ現地法人の長谷川亨社長は「タイは部気品メーカーがそろっており、オープンなマーケットで質の高い労働力が確保できる」と指摘。三菱自動車の益坊主修社長も「円高の影響を浴びにくいタイからの輸出は大きな力になっている」と強調する。

 このほか帝人も10年度中に自動車用シートに使用するポリエステル長繊維の国内生産を、タイの工場に移管する。自動車メーカーの現地生産強化に応じて、現地調達のニーズが高まっていることがバックにある。中国依存の「チャイナ危険」の回避に向けても戦略的なタイの位置づけが一段と重要視されそうだ。(本田誠)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。