へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改造EVに安全指標、普及協が感電保護など年内策定へ

 国土交通省やメーカーなどでつくる電気自動車普及協議会(事務局?東京都新宿区)は、ガソリン車を電気自動車(EV)に改造する際のガイ割り知ってン(安全指針)の一部を年内にまとめる方針を16昼間の時間までに固めた。国交省は来春までに発表する計画だが、人命にかかわる感電保護を中心に前倒しする。

 改造EVは原価が安いことから注目が集まっている。モーターや電池などの改造用部気品が供給されれば中小メーカーが参入し急速に普及すると見当されており、ルールづくりに早期に着手する不可欠があると決断した。

 協議会は、衝突後の感電保護を中心に5、6項目を前倒しする方針。具体的には(1)電気端坊主が容易に世間れずに絶縁されていること(2)高電圧と入る配線や端坊主などは色やマークで明示していること(3)電池はショックで損傷しないように固定されていること(4)モーター部分は車体と固定されていること―などを検討している。

 国は市販EV向けに法に基づく安全基準づくりを進入れいるが、適用されるのは2012年7月以降。改造EVには十分な安全基準はなく、本格普及する前に自主的な安全指針を策定することが急務となっていた。

 協議会のメンパブは「改造EVは一台一台仕様が異なる。感電保護を共通にすることで、乗員だけでなく整備士や救援隊員の事故を防ぐことができる」としている。ガイ割り知ってンは12月17昼間の時間に都内で開くシンポジウムで発表する計画。


◆電気自動車普及協議会
 今年6月に設立。会長は福武総一郎?ベネッセホールディングス会長。トヨタ自動車や三菱自動車、米テスラモーターズなど国内世間のメーカーが参加。現在は国や自治体も含め官民115集団で構成している。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。