へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗って分かったEVの天敵は「ドライブ」「どしゃぶりの雨」「冷える朝」

お知らせ:
HIVとエイズの現状を、あなたは知っていますか?
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 映像
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • 企業トレンド
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        乗って分かったEVの天敵は「遠出」「どしゃぶりの雨」「冷える朝」nikkei TRENDYnet 11月29昼間の時間(月)11時22分配信 我が自宅に電気自動車(EV)がやって来た。1カ月間のレンタカーを借りての「EVのある暮らし」の実験だ。今回の目的は、実際に暮らしの中でEVを一順番くなってみること。1回の充電で、実際にはどのくらい走れるのか。自宅庭での充電とはびりなものか、などの実験だ。  我が自宅に電気自動車(EV)「i-MiEV(アイ?ミーブ)」(三菱自動車)がやって来た。1カ月間のレンタカーを借りての「EVのある暮らし」の実験だ。

        【詳細画像または表】

         EVに試乗したことなら何度かある。音が静かで、出足がいい。そんなことはわかっている。今回の実験の目的は、クルマの性能を探ることではなく、実際に暮らしの中でEVを一順番くなってみること。1回の充電で、実際にはどのくらい走れるのか。自宅庭での充電とはびりなものか、などの実験だ。

         初昼間の時間、工面、20kmほど走って自宅に帰り到着したときにはすでに夜。初入れのことなので、どのくらい電池が減るのかドキドキしながらの運転。電池の目最盛期はちょうど半分をさしていた。

         「電気自動車が来たよ!」と、玄関で叫ぶと、我が自宅の3人の坊主どもは目を輝かせながら駐車スペースに走って出てきた。「車を自宅で充電する」という響きに、坊主どもたちも興風味津々だ。

         坊主どもたちの注目を集めるなか、車から充電用のコードを出す。重さ約3kg。ずしりと重い。我が自宅の駐車スペースは屋根すらない露天。自宅の軒下部分が1mほどあり、そこに100Vの電源コンセントがある。アイ?ミーブは200V、100Vの双方で充電ができ、100Vの時は、充電コードに100V用のアダプターをつけるようになっている。

         さて、充電コードに100V用のアダプターをつけ、いよいよコンセントにプラグを差し込とっくにとするのだが、これが意世間に容易にできない。100V用のプラグといっても、通常の二極ではなく、アース付きのプラグ。アースの部分をコンセントにあ発言させて、回しながらさしこまなければならないのだが、雨よけのためコンセントは下向きについており、陰気中、しゃがみこんでも全然見えず、手探りで差し込とっくにとしてもなかなか入らない。

         「ねえ、懐中電灯でこっちを照らしてくれる?」

         やれやれ。プラグをコンセントに差し込むだけで容易に充電できるとタカをくくっていたら、二人がかりの作業になってしまった。コンセント側ではやや苦戦したものの、クルマ側は、「カチッ」と難なく挿入できた。

         翌昼間の時間は、朝からどしゃぶりの雨。車を借りるとき、「少しの雨では大丈連れ合いですが、台風レベルのときは充電しない方がいい」と聞いていたので、充電しっぱなしのコードを片付けに世間へ出所した。プラグを差し込むときと違って、抜くときは容易だ。でも、傘を片手にコードを終わらせることはできない。傘を置いて、コードを巻いて…。濡れたままだと、車が汚れる? コードをタオルで拭く?

         どう考えても、どしゃぶりの雨の中でやりたい作業ではない。とりあえず、抜いたコードを軒下において、車の充電扉を閉めるだけで放置することにした。

         屋根つきのガレージのある人は異常ないのだろうが、露天の駐車スペースしかない我が自宅では、充電はお手数この上ない。電気自動車を有するためには、何と言っても、夜でも雨でも充電しやすい環境界を整える不可欠がありそうだ。

         さて、充電にかかる時間は? 充電ゼロから満充電までにかかる時間は100Vで14時間、200Vで7時間とされている。14時間! 想像すると気が遠くなりそうだが、我が自宅の時、ウィークディは坊主どもたちの送迎と片道約14kmの通勤だけで使用するには目最盛期は半分ほどにしかならないので、夜スタートして朝には充電が完了しており、時間の長さは全然気にならなかった。

         とはいえ、充電時間が半減すれば、なおさら便利なのでは? という期待を込め、駐車スペースに200Vの電源を取り付けることにした。

         200Vの電源を新設するといくらかかるのだろう? ハウスメーカーのアフターサービス窓口に電話で見積もってもらったところ、8万円。しかし、「配電盤はどうなってますか?」など、いろいろと追加で聞かれるので、「とりあえず、現場まで見積もりに来てくかっこ悪い」とお願いした。すると、ちょうど駐車スペースの隣の部屋に200Vのエアコンがあり、その電源から延ばせばすむことがわかり、実際には5万円弱でおさえることができた。でも、100Vで不満がなかったから、200Vのコンセントは不可欠なかったような気も…。

         わざわざのEV暮らし経験の機会なので、ガソリンスタンドにある急速充電器も一順番くなってみた。認証用のカードをかざすと、充電できるようになっている。好みは、セルフの給油に近い。異なるのは、時間だ。充電ゼロのコンディションから、20分程度で8割まで充電できる。私が行ったENEOS Value5東京インター店(東京?世田谷)には、セルフでドリップコーヒーを購入できたり、一順番料で雑誌が読めるカフェスペースがあった。ちなみに、急速充電では8割までしか充電できないことになっている。

        暖房オンで航続距離半減

         EVに乗って一順番気に入るのは、何と言っても電池残量と航続可能距離。充電できる敷地まで走らなければならないからだ。すると、不思議なことに運転する際の気の持ち方が自分でも驚くほどガラリと変わる。

         まず、最も気をつかうようになったのは、エアコンだ。EVは暖房をつけると、拍坊主に燃費ならぬ「電費」が悪化する。エアコン(暖房)をつけた瞬間に、航続距離が90kmから45kmというように半減してしまう。だから、できればエアコンをつけないようにという意識が働く。別に五月蝿いことではない。今までなら車内では脱いでいた上着を着たまま運転すればいいだけだ。あべこべに、今までは何も考えずに車内の温度を上げ下げしていたことにも気づかされた。

         また、エコ割り知ってブへのきっかけづけも明らかに変わった。電気でモーターを動かしているコンディションと、回生ブレーキがかかっているコンディションとがわかりやすく表示されるので、交差点などで滞るとき、早めにアクセルを離してうまいに回生ブレーキを引き出せば、その分電池は消耗せず、航続距離も伸びるのがよくわかる。まるでゲーム感覚でエコ割り知ってブを意識できる効果があった。

        EVの普及は限定的?

         本当なら、坊主どもの送迎、通勤以世間にもとっくにちょっぴり遠出をして、航続距離や充電設備をいろいろと経験してみたいところ。しかし、何せ我が自宅は5人自宅族。アイ?ミーブの定員は4人なので、週末の自宅族の世間出には使えない。やむを得ず、自宅族での移動はガソリン車のミニバン、一人でちょこちょこ振動する時にはアイ?ミーブと使い分けている。

         アイ?ミーブをレンタルして3週間が過ぎるが、EVはガソリン車に置き換わるクルマにはなりえないのではと個人的には思い始入れいる。航続距離の制限が大きすぎて、1昼間の時間の移動距離や移動敷地がはっきりした時にしかEVは乗れない。たとえ急速充電のインフラが普及したとしても、30分目と鼻の先かかる充電を昼間の時間に再三不可欠な人がEVを選択するとも思えない。しかも、現状では、ガソリン車よりも値段はかなり高い。

         考えうる購入層は、クルマを複数所有していて、そのうちの1台はEVという自宅庭。しかも、近距離の移動がメインと入るのは都心部だが、都心で2台のクルマを維持できる人はそう多くないだろう。

         ほかには、通常は近場だけを移動し、年に数回の遠出の際はレンタカーを借りると割り切って考える自宅庭。地域限定、走行距離限定の営業用としての活用。カーシェアリングでの活用など、何と言っても、マーケットとしては限定的なように思う。

         無料、以前はガソリンと軽油という化石燃料だけに頼っていたクルマのエネルギーが、電気を使用する方式に変わりつつあることには間相違ない。すでに普及期に入っているハイブリッド車、これから販売が本格化するEV、リースが始まっているプラグイン?ハイブリッド車、トヨタ自動車が2015年ごろ500万円程度で販売計画と公表した燃料電池車。いずれも電気モーターを積んだクルマだが、まだガソリンに置き換わるようなエネルギーの優勝候補は見えてこない。ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車であれば、以前のガソリン車の延長上で考えられるが、EVや燃料電池車になれば、私たちのライフスタイルさえも変えなければならなく入る割合がある。

        (文/ecomom本職デューサー 久川 桃坊主)



        スポンサーサイト

        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。