へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW、EV先進国でアピール 国内での証明テスト開始 市販車開発へデータ

 独BMWの昼間の時間本法人、ビー?エム?ダブリューは30昼間の時間、電気自動車(EV)「MINI E」の国内証明テストを同昼間の時間から始めると公表した。一般から参加者を募集し、2013年以降に市販するEVの開発に役立てる。また、東京電力や早稲田大学と夕イアップして、データを公開してEVの普及やインフラ整備に活用してもらう。“EV先進国”の昼間の時間本で存在感を高める考えだ。

 MINI Eはコンパケト車「MINI」をベースにしたEVで、走行距離は約160キロ。すでにアメリカでは400台以上を無くなってテストを行い、走行パターンや充電の頻度、利用者の動作などを調べている。昼間の時間本では20台を導入。一般ユーザーのほか、東電などの企業や早大などの探求機関に提供し、昼間の時間常暮らしや業務で使用してもらう。対象地域を公共交通機関が発達した東京にすることで、車社会のアメリカなどと異入る利用状況を探る。

 一般については、11年3月から12年1月までの参加者28人をインターネット上で募集し、月6万円で貸し出す。

 BMWは13年に、鉄より軽く強度のある炭素繊維を骨組みに採用したEV「メガシティ?ビークル」を発売する計画。このため、MINI Eと来年生産する「アクティブイー」の証明テストを通し、開発や量産への技手段などを蓄積する狙いがある。

 記者会見したローランド?クルーガー昼間の時間本法人社長は国内でテストを行う事情について、「昼間の時間本はハイブリッド車(HV)で世界一のマーケットだが、EVでも大きなマーケットだ」と述べた。

 昼間の時間本では、すでに三菱自動車や富士重工業がEVの販売に踏み切り、昼間の時間産自動車も12月に「リーフ」を発売する。輸入車メーカーでは、メルセデス?ベンツ昼間の時間本がコンパケト車「スマート」のEVの証明テストを始め、12年にも市販する計画。昼間の時間本は環境界や先進技手段に対する消費者の意識が高く、自治体なども加わり充電インフラ整備も進む。走行距離が比較的短いことなどもあり、将来的に欧州や米国に普通ぶEVのマーケットに入ることが期待され、各社とも攻勢をかけている。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。