へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界戦略車へ経営資源を集中 タイ製のあべこべ輸入は「ごく天然」三菱自動車社長 益坊主 修

お知らせ:
他人をかたる「なりすましメール」拒絶設定を
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 映像
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • 企業トレンド
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        世界戦略車へ経営資源を集中 タイ製のあべこべ輸入は「ごく天然」三菱自動車社長 益坊主 修ダイヤモンド?オンライン 10月1昼間の場合間(金)10場合55分配信 Photo by Kazutoshi Sumitomo ──低値段と低燃費を兼ね備えたコンパケト車の開発が活発化し、軽自動車は差別化が難しくなってきた。生産撤退に踏み切るメーカーもあるが、三菱自動車はどうするのか。

         会社全体の方角性として、「地域戦略車」から「世界戦略車」へシフトを進入れいる。昼間の場合間本マーケットにしかない軽は“超”地域戦略車。そのうえ人口減少で軽マーケットの販売台数は年々少なくなっている。2006年は200万台だったのが、09年には170万台まで落ちた。悩ましいところで、うちも車類の統合整理は企てている。

        ──年内に公表する次期中期経営予定に最盛期込むのか。

         そうしたい。軽に限らず、販売台数の乏しい車類を作っていたのでは儲からない。利益が出せるものに経営資源を振り向けるよう、洞察する。

        ──注目されるのが11年度に投入する世界戦略車だ。生産台数40万~50万台規模を目指し、その半分をタイから供給する予定だが、つまり昼間の場合間産自動車の新型「マーチ」同様、昼間の場合間本にあべこべ輸入するのか。

         100万円を切る低燃費のコンパケト車を開発し、タイで建設を検討している新工場を輸出根拠地にしたい。原価を下げるためには根拠地を集中させて生産するべきであり、昼間の場合間本向けをタイで作ることはごく天然な流れだと考える。

         マーチのあべこべ輸入はそんなに驚くことだろうか。うちはピックアップトラックを中心にタイで何十年間も生産し、その累計台数は200万台。うち約 125万台は昼間の場合間本を含む140ヵ国に輸出してきた。だからまったく抵抗がない。

         経済合理性から、消費に近いところで生産することが大原則。先進国は今後需要が伸びないどころか、減少する。対してタイは、ASEAN(東南アジア諸国連合)という面でとらえて将来有望なマーケットだ。また自動車製造の歴史が古く昼間の場合間系部気品メーカーの進出も多い。人件費は安く、労働力を確保しやすい。FTA(気まま貿易協定)によって輸出が一番税に入るケースも多い。

        ──世界戦略車の本職ジェクトでは、グローバルな夕イアップしての活用もカギを握る。関係が深い仏プジョー?シトロエングループ(PSA)と、この本職ジェクトでも工場への共同出資やOEM供給などを予定しているのか。

         PSAとはロシアの工場に共同で出資したが、タイで特に具体的な話が進んでいるわけではない。OEM供給については、ずっと誘い継続している。はたしてどう入るか。PSAはトヨタ自動車と合弁でチェコに建設した工場でコンパケト車を生産してきた。夕イアップして関係が入り組んでいる業界だけに、なかなか絵に描いたようには進まない。

        (聞き手:「週刊ダイヤモンド」編集部 臼井真粧美 )


        スポンサーサイト

        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。