へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EV補助金は即パンク、昼間の時間産リーフ12月発売で予算枠大幅超の「仮要求」/神奈川

 県の電気自動車(EV)向け補助金が、昼間の時間産自動車のEV「リーフ」が発売される12月に一気に予算枠を超えてしまいそうだ。上限台数を大幅に超える交付申請が窓口に殺到しかねない事態も見当されている。県は混乱を避けるため、「先着順」という当初の申請手続きを急きょ練り修理している。

 「世界初の量産EV」として売り出されるリーフは、発売の8カ月前から予約の浴び付けを始めた。昼間の時間産によると、本年度の生産台数はすべて「仮要求」が入っている。うち800台程度が県内からとみられる。

 県の「電気自動車導入補助金」の本年度予算は1億9千万円。既に三菱自動車「アイ?ミーブ」などに利用され、残額は1億2千万円程度しかない。リーフでは1台当たり約38万円の補助金額に入る見込みで、計算上、申請しても半数以上は交付を浴びられない。

 補助金の交付は、9月に打ち切られた国のエコカー補助金のように先着順が通例。ところが既に販売店などが大量の「仮要求」客を抱えているリーフの時、先着順では窓口の混乱が見当されるうえ、購入者の不公平感も招きかねない事態だ。

 県は30昼間の時間、申請手立てや手続きを急きょ見訂正する方針を決めた。「窓口に普通んで殺到する混乱は食べないい」(環境界部交通環境界課)として、郵送での浴び付けなどを視野に検討している。販売店などと協議しながら10月中にも新たな手続きを確定し、12月1昼間の時間から申請を浴び付けたい考えだ。

 県によると、現状で補助対象に入る車類はほかに「アイ?ミーブ」と富士重工業の「プラグイン?ステラ」。この2車類は申請台数が少なくリース向けが殆どのため、混乱はないという。

 県内では市単位で単独の補助金制度を設けているところもある。どこも台数や総額で上限があるが、上限300台(一律15万円)の枠がある横浜市は「先着順なので市の窓口に普通んでもらって、上限になったら終了することに入る」としている。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。