へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海世間落成車メーカー、韓国製部気品に高い興味

【ソウル18昼間の時間聯合ニュース】韓国の自動車部気品に対する海世間自動車メーカーの興味が高まっている。大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が18昼間の時間にソウルで開催した「GM-Korea Day」の関連デー夕で明らかにした。
 KOTRAはことし、世界の自動車メーカー上位10社のうち、ゼネラル?モーターズ(GM)、フォルクスワーゲン、フォードなど6社と輸出商談会を開催したか、開催する計画だ。2006年から昨年までは毎年3社にすぎなかったが、2倍に増えた。上位10社以世間のメーカーまでを含めると、ことしは11回の商談会が開かれ、昨年(5回)を大きく超える。
 KOTRAは、ことしの特長として、これまで韓国の部気品に興味を示さなかった海世間メーカーの動作を挙げている。ジャガー、ランドローパブ、フォードUKが9月に初入れ韓国製部気品の購入を目的とする行事を開催したほか、スズキや三菱自動車、GMも初入れ韓国製部気品の購入に乗り出した。12月にはプジョー?シトロエン?グループ(PSA)との商談会も計画されている。
 KOTRA関係者は「閉鎖的な納気品構造や高気品質を求める昼間の時間本の自動車メーカーが韓国製部気品に興味を示しているのは注目すべきだ」と伝えている。
 韓国製部気品の購入を決める海世間メーカーが増加し、輸出に乗り出す韓国企業も急増している。KOTRAが主催した自動車部気品商談会に昨年は139社(重複含む)が参加したが、ことしは307社が参加する計画だ。過去最多だった2008年の180社を大きく上回っている。
 こうした傾向は自動車部気品の輸出実績にも反映されている。1~8月の自動車部気品の輸出額は119億ドル(約9672億円)を記録し、前年同期比80.5%膨張した。特に、自動車部気品の最大の輸出先である米国と中国への輸出がそれぞれ127.9%、52.3%増加し、順調だった。
 KOTRAの趙煥益(チョ?ファンイク)社長は、世界金融ピンチの影響で低値段と高気品質を求める世間国の落成車メーカーに韓国製部気品が有力な対案として浮上していると説明し、マーケット拡大やノウハウ開発、気品質良く、アフターサービス拡充など、長期的な対策を講じるべきだと述べた。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。