へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ国際自動車ショーリポート! ルノーとPSAが競演

お知らせ:
HIVとエイズの現状を、あなたは知っていますか?
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 映像
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • 企業トレンド
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        パリ国際自動車ショーリポート! ルノーとPSAが競演nikkei TRENDYnet 10月26昼間の時間(火)11時21分配信 2010年9月30昼間の時間に始まったパリ国際自動車ショーで、意世間なほど集まったのが多様なEV(電気自動車)だった。ハードウェアだけでなく、新しい都市交通の提案も見られ、常にアバンギャルド(前衛性)を追い追求するパリらしい自動車ショーとなった。 ハイブリッド車は110年前のパリに現れた

         2010年9月30昼間の時間、パリ国際自動車ショー(俗称パリサロン)が始まった(一般公開は10月17昼間の時間まで)。

        【詳細画像または表】

         2年に1回開かれるパリサロンだが、今回は私が想像していた以上に多様なEV(電気自動車)が集まった。ハードウェアだけでなく、新しい都市交通の提案も見られ、常にアバンギャルド(前衛性)を追い追求するパリらしい自動車ショーであった。

         パリは自動車でも最一番上の送信根拠地であり継続してきた。例えば、1900年のパリ万国博覧会。110年前の博覧会に、現代でも通用するコンセプトのハイブリッド車の姿がすでにあった。そのクルマは、ガソリンエンジンを発電機とし、その電気で4つのインホイールモーター(ホイールに組み込まれたモーター)を駆動させる。つまり四輪駆動のレンジエクステンダー型ハイブリッド車である。インホイールモーターといい、モーターとエンジンのハイブリッドといい、当時のノウハウレべルでは考えられないほど先進的なコンセプトだ。

         初っ端のガソリン自動車が誕生したのは1886年のドイツとされる。ゴットリープ?ダイムラーとカール?ベンツがそれぞれガソリンエンジン付きの二輪車と三輪車を同時期に発明した。しかし、馬車から自動車へ本格的な転換は、アメリカのヘンリー?フォードが量産に成功した1911年のT型フォードの登場まで待つ不可欠があった。

         1900年のパリ万博は、ガソリン自動車量産前の博覧会だが、実は実用化が始まったのはEVの方がガソリン自動車よりも早かった。だから、当時のコンセプトカーとして、EVの航続距離を伸ばすためにガソリンエンジンを組み合わせるというアイデアは、ある意風味で天然なものだったのかもしれない。ちなみにこのコンセプトカーを開発したのは、秀才的な自動車エンジニアとして後にドイツの自動車産業に多大な業績を残すことに入る25歳の若いフェルディナンド?ポルシェである。

         ガソリン自動車はドイツ人によって考案されたが、フランス人には欧州で自動車を普及させたのは自分たちであるという自負がある。ダイムラー社が約110年前に、自動車のブランド名としてフランス人女性の名前「メルセデス」を使用し始めたところにも、当時からいかにフランス人の歓心を購入することが重要だったかが伺える。欧州の自動車文化はフランスから花開いた。

         そして、今回のパリサロンでは、EVなどの先進的なクルマが自動車史に残るほど数多く出展され、地元フランス人も驚き、そして喜んでいる。フランス人のイメージや評価が自動車文化に新風を吹き込むととらえているようだ。原坊主力発電の可能性が高いフランスでは、CO2削減の点からもエネルギー政策の点からもEVは大歓迎なのである。

         まずは地元のフランスメーカーがパリサロンで披露したクルマをレビューしよう。

        昼間の時間産のライバルはルノー?

         “骨太”のEV戦略を掲げているのがルノーである。傘下の昼間の時間産自動車は年内に昼間の時間本とアメリカで「リーフ」を発売したのち、2011年には欧州でも販売を始めるが、その最大のライバルとなりそうなのが、ほかならぬルノーの「フルエンス(Fluence)EV」だろう。

         「フルエンス」は、2009年のフランクフルトショーで公表された「メガーヌ?セダン」の後継モデルで、今回はそのEVモデルが公表されたことに入る。ボディサイズは全長4748mm、全幅1813mm、全高1458mmというミドルクラスのファミリーカーで、すでに2車類のディーゼルエンジン車が市販されている。

         「フルエンスEV」は、昼間の時間産「リーフ」と同様、リチウムイオン電池を使用するが、電池容量は22kWhと「リーフ」の24kWhよりもやや小さい。「リーフ」が最良出力は80kWで、最大トルクが280Nmであるのに対して、「フルエンスEV」はそれぞれ70kWと226Nmで馬力面でもやや小振り。航続距離は160kmでこれは「リーフ」と同じである。

         EVノウハウに関して、ルノーは昼間の時間産に大きく依存しているように思われがちだが、実はルノーの方がEVの実績は長い。ルノー単独のEV開発も進入れいると同社のエンジニアは言う。

         実際、ルノーグループの韓国ルノーサムスン自動車では、韓国の電池メーカーであるLG化学とリチウムイオン電池の共同開発を進入れいる。

         ルノーにとってこれは合理的な決断だ。FTA(気まま貿易協定)をEUと締結した韓国製と比べたとき、昼間の時間本製は関税がかかる分原価では劣勢に入る。景気品にこの円高である。ユーロに対して安い韓国ウォンはさらに有利だ。

         ルノーは、ハッチ背景タイプのユーティリティビークル「カングー」のEVや、前後2人乗り(タンデム)のシティコミューター型EV「Twizy」を単独開発し、2011年に市販する計画だ。

        電池戦略と世界戦略

         さらにルノーは、2012年に奇抜なデザインのコンパケトEV「Zoe」の発売も計画している。「Zoe」はゼロエミッション?コンセプトカーとして、2009年のフランクフルトモーターショーで公開された。最良出力は59kWと「フルエンスEV」よりさらに小さいが、最良速度は134km/hで航続距離は160kmという実用性を備える。この速度ならフランスの高速道路でも利用できる。ボディサイズは全長4086mm、全幅1788mm、全高1540mmと欧州のコンパケトハッチ背景のセグメントに属する。

         つまり、ルノーから見詰めたときの昼間の時間産は、多様なEVを開発するためのパートナーと考えた方が適切だろう。ルノーは選択に幅があるEV文化を見据えているのだ。

         フランス政府はEV用充電インフラの全国構築を進入れいる。2012年から2013年に400V級の急速充電器がかなり整備される見込みだ。この急速充電器なら約30分で充電できる。

         ルノーのカルロス?ゴーンCEOは「2020年の世界のEV新車販売の10%を目指す」としている。ルノーのEVに対する熱意は昼間の時間産以上と言っていい。キーデバイスである電池でも競争力のある昼間の時間韓のメーカーを抱えている。EVのリーディングカンパニーに駆け上がるのが同社の戦略だ。

         フランスの2大自動車メーカーのとっくに1社、PSA(プジョー?シトロエン)グループの次世代車戦略はどのようなものか。

         PSAは三菱自動車と夕イアップしてし、「i-MiEV」のリバッジ(気品物名の変更)版であるプジョー「iOn」とシトロエン「C-ZERO」を11月にも発売する。

         だがEVに関しては、PSAグループからルノーほどの“熱意”は伝わってこない。EVについてはかなり現実的な路線を選択しているように見える。

         パリサロンで見詰めたプジョーはピュアEVより、リチウムイオン電池を使ったハイブリッドノウハウの開発に力を入れていた。今回、コンセプトカーとして「3008 HYbrid4」を公表した。

        プジョーのユニークなハイブリッド

         「3008HYbrid4」は、プジョーのクロスオーパブモデル「3008」をベースに、ディーゼルターボエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車である。

         その役割分担がめりはり的だ。前輪を排気量2Lのディーゼルエンジン(最良出力122kW、最大トルク300Nm)が駆動し、後輪をモーター(最良出力28kW、最大トルク200Nm)が駆動する。前輪を駆動するディーゼルエンジンにはアイドルス第一面とオルタネーター回生装置(8kWのコンパケトモーター)が装備されている。

         このシステムの有益は以前のFF車を大きく改造することなくハイブリッド化できることだ。その結果、シトロエンとのプラットフォーム共通化も簡単に入る理屈である。

         エンジンとモーターが前輪と後輪を別々に浴び有する「3008HYbrid4」は、ハイブリッド車としてはユニークな3類類の走行モードを有する。純粋にモーターだけで走る「ZEV」モード(EV走行)、エンジンとモーターの同時に駆動する「4WD(四輪駆動)」モード、さらに燃費のためではなく出力を上げるために電力を使用する「Sport」モードの3つである。

         走行性能は、0-100km/h出足が8.8秒、最良速度は209km/hとスポーツカー普通のパフォーマンスだ。それでもCO2排出量は99g/kmと100g/km以下に抑えられているのがめりはりだろう。プジョー?ジャパンのティエリー?ポワラ社長は昼間の時間本への導入も熱心に検討しているという。

         「2+1シーター」の3人乗りロードスター、プジョー「SR1」にも「HYbrid4」機構を搭載したモデルを公表した。こちらは排気量1.6L、出力160kWのガソリンエンジンとリヤに配置した出力70kWのモーターの組み合わせで、双方を併せた最大出力は230kWにも入る。それでも走行距離あたりのCO2排出量は119g/kmと、欧州の自動車CO2規制値(120g/km)を下回る。

         ピュアEVでは、「i-MiEV」のリバッジ版のほか、全長2.5mで4人乗りの「BB1」というスタイリッシュなコンセプトカーや、3輪ハイブリッドスクーターのコンセプトモデル「HYbrid3 エボリューション」を公表していたが、PSAグループの時、全体的にはハイブリッド車に力を入れている傾向は明瞭にしていた。この点でルノーとは対照的な同グループの動きも見逃せない。

         充電インフラ整備などの低炭素型都市交通政策と同時進行的に多様なEVがマーケットに出てくるフランスは、どの国よりもEVの普及が早いのではないか。パリのシャンゼリーゼを走るクルマがゼロエミッションに入る昼間の時間は遠くないだろう。



        スポンサーサイト

        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。