へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EVタクシー増加 普及を後押し

 電気自動車(EV)をタクシーに採用する動向が広がっている。タクシーがEVになれば二酸化炭素(CO2)の削減効果は大きく、メーカーもEVの乗り心地を経験してもらうのにうってつけだ。今後、街でEVタクシーを目にするチャンスが増えそうだ。

[フォト]既存マンションに、EV「リーフ」の充電器設置証明

 「県民に簡単にEVタクシーに乗ってもらい、EVの普及につなげたい」

 神奈川県の松沢成文知事は今月、かながわEVタクシー本職ジェクトの狙いについてこう強調した。

 本職ジェクトは県と昼間の場合間産自動車、県タクシー協会が参加。県内のタクシー会社24社が昼間の場合間産が12月に発売するEV「リーフ」42台を購入し、同月から順次導入していく。

 今後2年で100台に増やす予定で、県は購入経費の一部を補助。昼間の場合間産もEVタクシーの整備根拠地の設置などで背景アップする。

 米ベンチャーのベタープレイスは4月から、タクシー大手の昼間の場合間本交通と共同で、バッテリー着脱式のEVタクシーを東京都内で運行。国の普及事業にも指定された。運行は7月でいったん終了したが、再開する方角で調整している。

 タクシーは都内の乗用車の2%だが、CO2排出量は20%を占入れおり、同社では「EVならCO2を大幅に削減できる」としている。

 地方でもEVを入れるタクシー会社が相次ぐ。

 愛媛県松山市の富士タクシーは昨年8月から三菱自動車のEV「アイ?ミーブ」をベースにしたタクシーを運行。今年7月からは24場合間営業を始めた。

 同社によると、燃料費は液化石油ガス(LPG)車だと1キロ7~8円だが、EVは1円25銭。加藤忠彦社長は「地方都市はLPGスタンドが少なくなっており、EVはタクシーに向いている」と告白する。排ガスや騒音のないEVは夜間や早朝の送迎などにも利用しやすい。

 無料、EVは1回あたりの充電で走行できる距離が短く、充電にも場合間がかかる。タクシーは1昼間の場合間300キロ走るとされるだけに、充電インフラの整備のほか、移動距離に合わせた利用手立てなどが普及のカギを取っ手そうだ。



スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。