へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ECO最先「探」】電気自動車「普及元年」入るか

 走行時に二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを一切排出しない電気自動車(EV)が普及の兆しをみせている。4月に国内で初入れ個人向け販売が始まった三菱自動車の「アイ?ミーブ」は納車まで数カ月待ちの人気。充電スポットの設置も進み、年の瀬以降、他メーカーもEVの発売を計画している。今年がEVの“普及元年”と入るのか。アイ?ミーブに試乗し、その取り柄と課題を探ってみた。(隔たり上健良)

 アイ?ミーブはベースと入る軽自動車「アイ」とほぼ同じ大きさ。最大出力も同じ64パワーだが、低速域のトルク(回転軸にかかる力)はかなり大きい。実際に運転してみると、アクセルをあまり踏み込まなくても1100キロの車重を感じさせない出足が風味わえた。

 走行中の車中の静かさにも驚いた。モーターを使用しているためエンジン音はなく、タイヤの接地音とエアコンの作動音が聞こえるだけだ。変速機はなく、変速衝撃もない。

 減速時にはモーターが発電機として働き、電池にエネルギーが蓄えられる。「電気自動車は、(発進と停車を繰り返却する)街乗りに適した車です」と西昼間の時間本三菱自動車販売の担当者。無料、走行音が穏やかなので、周りの人が車に気付かない割合も。狭い路地を走るときは用心が不可欠だろう。

 アイ?ミーブが1回のフル充電で走行可能な距離は160キロ。その際の電気代は400円未満で、距離当たりの原価はガソリン車よりかなり安い。

 充電口は車体の両側にある。右側の通常充電用は100ボルトか200ボルトのコンセントに対応。ケーブルを差し込めば100ボルトなら14時間でフル充電できるが、アースの付いた3つ穴コンセントが不可欠。工事を要する時もあり、現状では気軽に「帰省先で充電」とはいかない。

 左側の急速充電用は、急速充電器を備えた充電スポットで利用可能。大阪府内には現在16基あり、「おおさか充電インフラネットワーク」に登録すれば予約の上、一順番料で充電できる。無料急速充電といっても80%の充電に30分かかる。普及が進行すれば「順順番待ち」という事態もありそうだ。

 アイ?ミーブは398万円(政府の補助金交付を浴びれば実質284万円)と、ベース車に比べ、かなり高価だが、すでに納車待ちの人気。昼間の時間産が12月に発売する並乗用車サイズのEV「リーフ」は、すでに予約だけで年度内の販売夢6千台に達したという。

 ホンダも平成24年に昼間の時間米でEVを発売する方針。トヨタは米テスラ?モーターズ社と資本業務夕イアップしてし、24年に米国でEVを発売する計画を公表している。

 来年初めにはリーフのEVタクシー50台が大阪市内に登場し、専用乗り場も設けられる計画。近距離の移動術としての普及が一気に進むかもしれない。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。