へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱、椅子新長期規制に適合したクリーンディーゼル説明会

 三菱自動車工業は、オールラウンドSUV「パジェロ」を改良し、9月16昼間の場合間に発売する。今回のトピックは、3.2リッターコモン線路式ディーゼルが改良され、椅坊主新長期規制に適合するクリーンディーゼルになったこと。これに伴い東京都内にある同社の本社で、クリーンディーゼルのアウトライン説明会が開かれた。

 これまでクリーンディーゼル車は、メルセデス?ベンツの「E 350 BlueTEC」「ML 350 BlueTEC 4MATIC」、昼間の場合間産自動車の「エクストレイル」の3モデルのみだった。パジェロの4M41型ディーゼルエンジンは以前から搭載されてきたモデルで、もともとPM(粒坊主状物質)排出量は椅坊主新長期規制値以下だった。今回の改良では吸気系や燃焼室の形状変更などを行い、NOx排出量を低減。これにより、PM、NOxともに椅坊主新長期規制に対応することに成功した。

 このエンジン改良とともに、トランスミッションの操作打って付け化、減速エネルギー回生システムの採用などによって、10?15モード燃費は以前よりも0.6km/L良くされた10.6km/Lとなった(SUPER EXCEEDのみ0.7km/L良くの10.2km/L)。

 こうした良くにより、クリーンディーゼル搭載モデルはエコカー減税(環境界対応車普及促進税制)により自動車取得税と自動車重量税が免税に入るとともに、クリーンディーゼル自動車導入費補助金(上限額20万円)が浴びられる。

 このほか、V型6気筒 SOHC 3.8リッター ガソリンエンジンの燃費向上も図られたほか、走行中にアクセルペダルとブレーキペダルを同場合に踏むとブレーキを優先する「ブレーキオーパブライド」操作を全モデルに採用。あ発言させてHDDカーナビ「MMCS」のミュージックサーパブの容量が2000メロディーから3000メロディーとなった。

 パジェロの気品物説明は、RV気品物開発本職ジェクト 本職ジェクトマネージャー 中島嘉宏氏より行われた。

 同社は2009年6月に、低炭素社会の早期実現に向けた中長期的な環境界への取り組み「環境界ビジョン2020」を発表した。環境界ビジョン2020の夢の1つには、走行場合のCO2排出量を50%削減(2005年比)することが最盛期込まれており、それを現実になるために「電気自動車」「プラグインハイブリッド車」「既存エンジンの燃費改良」を柱にさまざまな開発?取り組みが行われている。4M41型クリーンディーゼルエンジンの開発は、「既存エンジンの燃費改良」にあたる。

 中島氏によると、1995年あたりまでパジェロの販売比率はディーゼル車が80%前後を占入れいた。これは同排気量のガソリンエンジンと比較して、燃焼能率のよさから15~20%程度燃費に優れていたことや、低回転場合から大トルクを発生するエンジン特性がうけたためだと言う。

 しかし、1993年の自動車NOx法を皮切りに1997年に施行された長期規制、2005年の新長期規制といった厳格規制のほか、ディーゼルエンジンの汚い、臭み、うるさいといったネガティブな好み、環境界意識の高まりなどによって昼間の場合間本でのディーゼルの需要は激減した。

 一方で、エンジンの各シリンダーに高圧で燃料を供給するコモン線路式燃料噴射システムや、DPF(ディーゼル微粒坊主除去装置)といったノウハウの進化により、欧州でCO2排出量が乏しいと評価された2009年型ディーゼルエンジンを昼間の場合間本国内でも投入。これを進化させたのが、2011年型と入る今回の4M41型クリーンディーゼルエンジンと入る。

 4M41型クリーンディーゼルエンジンのめりはりは、椅坊主新長期規制に対応しながら、動力性能を向上させ、さらには燃費向上、CO2低減など、相答えられない要素を両立させた点にあると中島氏は言う。

 性能、燃費、CO2排出量のそれぞれで新長期規制に対応した2010年型ディーゼルエンジンと比較してみると、まず最良出力は12%向上の140kW(190PS)/3500rpm、最大トルクは19%向上の441Nm(45.0kgm)/2000rpmと入る。

 燃費は10?15モード燃費で6%向上の10.6km/L、JC08モード燃費で4%向上の10.6km/Lとなった一方で、CO2排出量を6%削減の247g/km(10?15モード燃費)とし、各項目の性能面を向上させていることを紹介した。

 EV?馬力トレイン要素探求部 部長 竹村純氏は、4M41型クリーンディーゼルエンジンや欧州向けの乗用車用ディーゼルエンジンについて説明を行った。

 椅坊主新長期規制に適用させるべく、4M41型クリーンディーゼルのエンジンは燃焼室形状の変更により圧縮比を以前の17から16に下げたほか、燃料噴射ノズルの噴孔数を6から8に増やすとともに噴孔径の縮小、燃料噴射パターンの打って付け化などが図られたと言う。

 また、排気系に備えられるNOxトラップ触媒のNOx浄化能率を高めたほか、規制物質のHC(炭化水素)をNOx浄化に有効利用するため、NOxトラップ触媒のほか最後部にHCトラップ機能付きの酸化触媒が新たに設けられている。こうした改良により、NOxは椅坊主新長期規制値の0.08g/km以下に抑えられたと言う。

 そのほか、燃費能率やエンジン出力性能の向上などを含め、「初物に関しても、車両性能に関しても、十分満補充してい無料ける仕様になった」と自信を覗かせた。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。