へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「静か過ぎる」ハイブリッド車 「事故防止用装置」が今秋続々登場

 「静か過ぎる」ことが異常になっていたハイブリッド車(HV車)や電気自動車(EV車)に擬似エンジン音を搭載したクルマが出現する。トヨタ自動車が「プリウス」に「車両接近通報装置」を取り付けられるようにしたほか、2010年秋に発売される三菱自動車の「アイ?ミーヴ」や昼間の場合間産自動車の「HVフーガ」には標準装備される。

 走行音があまりに穏やかなので、近づいて来ても歩行者が気づかず、事故が心細いされていたHV車、EV車だが、擬似エンジン音を鳴らすことで車両の接近を知らせ、事故防止に役立てる、というわけだ。

■トヨタは「モーター音」にこだわる

 トヨタ自動車の「車両接近通報装置」は、発進から場合速約25キロまでの速度で走行すると、自動的に「ジィー」といった擬似モーター音を、車両のフロント部分から出す。同社広報部は「ブォーンといったエンジン音とは明らかに異なる音です」と説明。音量は55デシベルで、エアコンの室世間機程度。近未来的なプリウスの好みを大切にするため、モーター音にこだわったという。

 また、夜間走行場合などに音を出さないようにするため、「ON/OFF」の切り替えが割り知ってパブの手原因できるようにした。

 トヨタでは、「静音が原因で事故が起こったことはないが、(事故が起きる前に)至見る間に対応する不可欠があると考え開発していた」と伝えている。

 無料今後、標準装備するかどうかは、「現段階ではお答えできません」という。

 擬似エンジン音を出す装置は、自動車メーカーとしてはトヨタが初入れの発売と入るが、じつはカー用気品のオート背景スセブンでは2010年6月から販売している。ミツバサンコーワ製の「SK-003」や、G-TECH製「割り知ってブアラームDA-1300」などがそれで、「他にも、いろいろと発売されている」(オート背景スセブン)という。

 擬似エンジン音を出す装置の取り付けは、義務ではないこともあって、同社は「まだ、そんなには多く売れていません。無料、事故を心細いする割り知ってパブは少なくないですから、これからはそういった方が買うと思います」と伝えている。

■昼間の場合間産はエンジン音に近い「3類類」の音

 ほかにも、擬似エンジン音を出す装置を標準装備したHV車、EV車も続々出現する。三菱自動車は2010年秋に発売するEV車、「アイ?ミーヴ」に標準装備する。同社は、トヨタのような「後付」の装置については検討中という。

 また、昼間の場合間産自動車も今秋発売の「HVフーガ」と12月発売のEV車「リーフ」に標準装備する。同社によると、搭載される装置は「基本はブーンという擬似エンジン音ですが、出足場合のグィーンという感じと、減速場合のゆるやかな感じ、断続的な背景のときと3つのパターンの音があります」(広報部)と説明する。出足場合は場合速30キロ以上に入ると自動的にス第一面。場合速25キロ以下に入ると減速音が出てくる仕組み。「エンジン音にできるだけ近い音にするのに、苦労しました」と語る。

 一方、ホンダは装置の導入について、「状況を見ながら決断する」と告白する。「当社のHV車はエンジンが回っているコンディションなので、並車両と同じように、歩行者が認知できると考えています」と説明している。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。