へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱パジェロ、新型クリーンディーゼルで椅子新長期規制に適合

お知らせ:
今すぐ試そうYahoo! JAPAN向け「IE8」(一番料)
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        三菱パジェロ、新型クリーンディーゼルで椅子新長期規制に適合nikkei TRENDYnet 9月6昼間の時間(月)11時40分配信 三菱自動車工業は2010年9月2昼間の時間、SUV「パジェロ」の3.2Lターボディーゼルエンジンを改良し、世界で最も厳格排気ガス規制「椅子新長期規制」に適合させたと公表、9月16昼間の時間に発売する。  三菱自動車工業は2010年9月2昼間の時間、SUV「パジェロ」の3.2L直4ターボディーゼルエンジンを改良し、世界で最も厳格排気ガス規制「椅子新長期規制」に適合させたと公表、9月16昼間の時間に発売する。3.8Lガソリンエンジン車の燃費も向上、車両本体値段は260万4000~476万7000円。

        【詳細画像または表】

         新型クリーンディーゼルの「4M41」エンジンは、最良出力140kW(190PS)/3500rpm、最大トルク441Nm(45kgm)/2000rpm。08年10月発売の以前モデルの125kW(170PS)/3800rpm、370Nm(37.8kgm)/2000rpmと比較すると、最良出力が12%、最大トルクが19%向上している。

         10-15モード燃費は10.6km/L(SUPER EXCEEDを除く)で、以前モデルの10km/Lと比べ6%向上。クリーンディーゼルは100%エコカー減税が適用され、車両本体値段360万2000円のGRロングの時、自動車取得税と自動車重量税の22万9300円が減免される。

         また、経済産業省が実施している「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象で、11年3月8昼間の時間までに車両登録と支払いをすませて申請すれば、最大20万円が支給される。10年9月30昼間の時間で終了するエコカー補助金も対象に入るが、双方受給はできず、どちらか片方を選ぶことに入る。

         椅子新長期規制適合の乗用車としては、昼間の時間産「エクストレイル」、メルセデス?ベンツ「Eクラス」「Mクラス」に引き続いて4モデルめ。新型クリーンディーゼルは3Lガソリンと比較すると35万~40万円の原価アップに入るが、補助金や減税、燃費向上によって、実質的な値段差は縮まると三菱は説明する。

        圧縮比を17から16に低減して馬力と燃費を向上

         新型クリーンディーゼルのめりはりは、圧縮比を以前型の17から16に低減したこと。エンジンの圧縮比は高いほど能率が改善入るという好みがあるが、新型エンジンでは圧縮比が下がったにもかかわらず、馬力と燃費が共に向上している。三菱のEV?馬力トレイン要素探求部、竹村純部長はその事情を「圧縮比が下がるとスモークが減るため」という。

         ディーゼルエンジンの出力は、実は燃焼中に発生するスモーク(すす)に規定されている部分が多い。圧縮比を下げるとスモークが少なく入るため、より大量の燃料をシリンダー内に噴射して燃やせるようになり、馬力アップする。

         そのほかにも、燃料を最大4回に分けて噴射する多段噴射パターンの打って付け化によってきれいに燃やし、燃費を向上して燃焼音や振動、排気ガスの有害成分を低減。そしてNOxトラップ触媒を新たに搭載。排気ガス中のNOx(窒素酸化物)を触媒で吸着し、定期的に排気ガス中のH2(水素)やHC(炭化水素)、CO(一酸化炭素)と動作させて一番害にする仕組みだ。

        欧州向けに1.8Lと2.2Lの新型クリーンディーゼルを開発

         竹村氏によれば、ディーゼルエンジンもガソリンエンジンも、熱能率的には圧縮比15程度が打って付けだという。一般的なディーゼルエンジンが16~18程度と圧縮比を高くしているのは、低温での始動性を優先したため。ディーゼルは大気の層を圧縮するときに発生する熱で燃料に着火するが、低温時でも十分な発熱を得るためだ。

         三菱が欧州向け乗用車用に開発した新型クリーンディーゼル、1.8Lの「4N13」と2.2Lの「4N14」エンジンは、14.9という世界一の低圧縮比を実現した。低温時の始動性を高めるために、乗用車用量産ディーゼルとしては初入れ、可変バルブタイミング機構の「MIVEC」を吸気側に搭載。低速モードでは吸気バルブを早閉じして、有効圧縮比を1以上高めた。

         また圧縮比が高いと、エンジンの強度を高める不可欠があり重くなってしまうが、4N型エンジンは低圧縮比のおかげで、軽量なアルミブロック採用を可能にした。この4N型エンジン、昼間の時間本導入は今のところ未定というから遺憾だ。

        ガソリンエンジンは3.8L V6と3L V6の2タイプ

         パジェロのボディータイプはロングとショートの2類類があり、ロングは全長4900×全幅1875×全高1870mm、3列シート7人乗り。ショートは全長4385×全幅1875×全高1850mmで、2列シート5人乗り。

         クリーンディーゼル搭載グレードは、ロングが「GR」「EXCEED」「SUPER EXCEED」、ショートが「VR-II」で、トランスミッションは5速ATの組み合わせ。駆動方式は2WD(FR)とフルタイム4WD、直結4WDのハイ?ローの4類類の走行モードが選べる「スーパーセレクト4WD II」だ。

         ガソリンエンジンは2類類で、3.8L V6が最良出力185kW(252PS)/6000rpm、最大トルク338Nm(34.5kgm)/2750rpm。3L V6が最良出力131kW(178PS)/5250rpm、最大トルク261Nm(26.6kgm)/4000rpm。新型クリーンディーゼルと3.8Lガソリンの比較では、最良出力はディーゼル190PSに対しガソリン252PSと下回るが、最大出力はディーゼルが45kgmでガソリンが34.5kgmとあべこべ転する。

         10-15モード燃費は、3.8Lはエンジン操作の打って付け化などで以前モデルよりも+0.6km/L向上、「SUPER EXCEED」が8.2km/L、「VR-II」グレードが8.5km/L。3Lエンジンはグレードやトランスミッションの相違で9~9.3km/Lで、ロングは50%エコカー減税が適用される。

         そのほかに、走行中にアクセルペダルとプレーキペダルを同時に踏んだ時に、ブレーキを優先する「ブレーキオーパブライド操作」を全車に標準装備するなどの改良を施した。販売夢台数は月150台、そのうち半分をクリーンディーゼルが占めると三菱は予測している。

        (文?写真/柳 竹彦=昼間の時間経トレンディネット)



        スポンサーサイト

        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。