へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼間の時間産リーフに要求殺到! 「電気自動車は今年が買い」の事情と用心点

お知らせ:
インターネットを安全に使用する対策を
ログイン
IDでなおさら便利にYahoo! JAPAN - ヘルプ
    提供RSS
    • ニュース
    • トピックス
    • 写真
    • 動画
    • 地域
    • 雑誌
    • ブログ/意見
    • リサーチ
    • ランキング
        雑誌第一面 厳選雑誌記事 雑誌一覧 新着雑誌記事 雑誌記事提供社

        昼間の時間産リーフに要求殺到! 「電気自動車は今年が買い」の事情と用心点nikkei TRENDYnet 7月13昼間の時間(火)11時11分配信 昼間の時間産自動車が満を持して投入する電気自動車(EV)「リーフ」に予約が殺到している。  発売中の昼間の時間経トレンディ8月号(7月3昼間の時間発売)では、スマートフォンやモバイルWiFi、電動アシスト自転車など、注目10ジャンルの気品物を徹底比べる「新気品物10順番勝負!」特集を掲載。下期に本式に最盛期上がりそうなジャンルの1つが電気自動車(EV)だ。

        【詳細画像または表】

         昼間の時間産自動車が満を持して投入する、電気自動車(EV)の「リーフ」に予約が殺到している。発売は12月だが、6月上旬に都内の昼間の時間産ディーラーを訪れた際は、キャンセル待ちの申請書を渡された。すでに今年度の販売夢の6000台が予約で埋まっているのだ。だが、「9月ごろに始まる本契約の段階で購入を見送る人も出てくる」(昼間の時間産ディーラー担当者)というから、年度内に買える機会は、まだあるはずだ。

         一方、4月に個人向けリース販売が始まった、三菱自動車工業の「i-MiEV(アイ?ミーブ)」も順調。今年度に販売する4000台のうち5割強の要求が集まっており、「今、成約しても納車は10月くらい」(都内の三菱ディーラー担当者)というコンディションだった。

         過去70年代と90年代序盤にもEVブームが訪れたが、当時のEVは性能が低く、値段もたいそう高かったため、下火となった。それに対し今回は、「バッテリー性能は飛躍的に上がり、補助金による国の支援もある。この機会は逃さない」(昼間の時間産)と、メーカーも躍起だ。

         やっぱり今、EVを買ってもいいのか。購入を考える前に、まずは知っておきたい3つのポイントをまとめた。

        ポイント1「補助金制度」:来年度は補助額が激減?

         EV購入の際、まずネックに入るのが車両本体値段の高さだ。リーフ(コンパケト車)は376万円、i-MiEV(軽自動車)は398万円と、同クラスのガソリン車と比べて大幅に高い。だが実際は、国や一部の地方自治体がEV普及策として補助金を準備しているため、それを差し引けばEVの割高感はかなり和らぐ。

         国のEV支援策は、「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」(次世代自動車振興センター)と、エコカー減税(自動車取得税?自動車重量税の免税)。2010年度の補助金額は、リーフで77万円(見当額)、i-MiEVで114万円と、それぞれベースと入るガソリン車との差額の半値よほどを浴びられる。これにより、リーフは実質299万円、i-MiEVは284万円で買える。

         無料し、用心したい点が2つ。まず、補助金が交付されるのはリーフで6年、i-MiEVで4年の保有が条件と入る。ガソリン車のように車検(初回3年目、2回目以降は2年ごと)のたびにクルマを乗り換金することは五月蝿い。また、来年度以降の補助金額はまだ決まっていないが、「1台当たりの補助金は減額される割合が高い」(自動車評論自宅の松下宏氏)。なぜなら、リーフやi-MiEVは今年度よりも多く量産され、対象車両が大幅に増えるからだ。補助金額だけを考えれば、今年度が絶好の買いのタイミングとみられる。

         自動車取得税と自動車重量税は、いずれも免税に入る。こちらは、自動車取得税が2012年3月末まで、自動車重量税は2012年4月末までの登録(届出)車が対象と入るため、まだゆとりは十分ある。

         一方、国の補助金に加え、知っておきたいのが一部の地方自治体が実施するEV購入補助制度だ(下表)。例えば補助金が丁重な神奈川県では、県内に1年以上在住する個人や、個人に貸与するリース事業者などを対象に補助を行う。補助額はリーフで38万5000円(見当)、i-MiEVで57万円に達する。国と県の補助金を合発言させて車両本体値段から差し天引きすると、神奈川県の在住者はリーフが260万5000円、i-MiEVは227万円で買えることに入る。

         だが、この神奈川県の制度では2010年度の計画数が350台と限られる。そのほかの自治体でも補助計画数が神奈川県よりさらに少なかったり、リース事業者を対象にしていなかったりと、補助金を浴びづらいところもある。EV購入前に自治体の補助制度を詳細に調べておきたい。

        ポイント2「充電設備」:自宅のコンセントは100Vのままでいい?

         EVの購入で意世間に見落としがちなのが、自宅の充電設備の異常だ。昼間の時間本の戸建て家では、AC100Vコンセントが一般的だが、100Vでは電池容量ゼロのコンディションからフル充電するのにi-MiEVで約14時間もかかる。そのため、EVの購入時には充電時間が半分で済む200Vコンセントの設置が推奨されている。

         こうした200Vコンセントの設置?変更は、既存設備の状況や工事業者によりさまざまだが、10万円以上かかる時もある(下表)。だが実は、多くの人は現状の100V充電でも十分なケースが多そう。

         例えばi-MiEVの航続可能距離は160km(10?15モード)。だが、毎昼間の時間160kmも走る人は少なく、たいていの割り知ってパブは50km以内で済むはずだ。その時、昼間の時間々不可欠な充電時間は、100Vコンセントでも5時間以下になり、寝ている間に十分フル充電できてしまう。初めから一順番理に200Vコンセントへの変更工事をする不可欠はなさそうだ。

         無料、i-MiEVを例に取ると、充電には15Aの電流が流れるため、ほかの電気機器を同時に利用した時に安全ブレーカーの容量を上回る割合が出てきてしまう。そのため、分電盤から20Aの専用線を天引きするなどの対策が不可欠に入るなど、何らかの物入りは覚悟しておきたい。

        ■工事経費は意世間にかかる

        【200V/100V共通の工事経費(いずれか1つ)】

        分岐ブレーカーの開設  約1.5万~2万円分岐ブレーカーの増設  約2万~2.5万円分電盤の交換  約5万~6万円

        【100V→200V変換の工事経費】

        電柱から200V線引き込み/分電盤交換  約10万~15万円

        【上記以世間の工事経費】

        配線?コンセント設置費  約5万円

         

        ポイント3「電気料金」:真夜中料金プランはあべこべ効果!?

         EVはガソリン車より燃料代(電気代)がずば抜けて安く、ランニング原価の面で有利なのが有益。無料し、ここにも落とし穴が隠れている。

         電気料金には、一般的な料金プラン(従量電灯B)に加え、対象の真夜中帯の料金単価が安く設定された真夜中料金プラン(おトクなナイト8など)がある(東京電力のケース)。実際にEVで1000kmを走行したときにかかる電気代(真夜中帯に充電した時)を計算すると、リーフの時、従量電灯Bでは2754円、おトクなナイト8では1100円と約6割も安く入る。

         しかし、見落としてはいけないのが、真夜中料金プランを選択すると昼間の時間中の電気料金が従量電灯Bより2割以上高く入る点だ(下表)。わざわざ真夜中の対象時間帯にEVの充電をしても、昼間の時間中にクーラーや電気釜といった電気製気品を長時間使用すると真夜中料金プランの有益は生かせないのだ。特にリーフはカーナビと連動した充電タイマー機能を備えていて真夜中の対象時間帯を狙った充電がしやすくなっているが、実は従量電灯Bのほうがトータルの電気料金は安いこともあるので気を付けたい。

         ちなみに、電気料金は10A~60Aまで10Aごとに基本料金が異なり、使用量に応じても3段階に単価が設定されている。EVの導入によって、以前より基本料金や単価がアップする割合がある点も覚えておきたい。「i-MiEVの購入者のなかには、40Aの契約を60Aに変換するなどで、基本料金が上がったケースも出てきている」(三菱自動車工業)。

         電気使用量も、一般的な自宅庭では第2段階(120kWhを超え300kWhまで)で収まるとされるが、しょっちゅうEVの充電を行うとこれを上回ることもあり、超過分は割高な電気料金を支払うことに入る。無料し、こうした点を踏まえても、ガソリン車より燃料代(電気代)が割安という点は変わらない。EV購入後にいくつか電気料金プランを試し、自宅庭の実情にあったプランを選べばいいだろう。

         では、予約が殺到する昼間の時間産リーフと三菱i-MiEVは買ってもいい性能なのか。昼間の時間経トレンディ8月号では2車類の試乗を経て、走行性能から室内スぺースやカーナビの使い勝手、原価パフォーマンスの相違まで、その実力を検証している。

        (文/勝俣 哲生=昼間の時間経トレンディ)



        スポンサーサイト

        テーマ :
        ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。