へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光地の移動術を変換する「箱根EVタウン本職ジェクト」が始動

 2014年度までに、環境界資源異常の決着に有効な術とされる電気自動車(EV)の県内3000台普及を目指す神奈川県は、昼間の時間本有数の観光地でもある箱根において、EV車両の利用拡大を図るための新たな本職ジェクトをスタートさせた。

 「箱根EVタウン本職ジェクト」と名付けられたこの事業は、箱根の観光振興と連携し、EVの普及促進および、再生可能エネルギーとEVとの連携を検討?実施することでCO2削減に繋げていこうというもの。箱根町や昼間の時間産自動車 <7201> 、三菱自動車工業 <7211> 、ヤマハ発きっかけ <7272> などの協力を得ながら、モビリティのEV化やEV観光タクシー、EVレンタカーなど観光向けの交通術の電動化を展開し、地球環境界に優しい移動術を提案していく計画だ。

 具体的な本職ジェクトの内容は、ウィークディに県が使う電気自動車を、土?昼間の時間や祝昼間の時間に行楽客向けにレンタカーとして貸し出すEVシェアリングや、ヤマハ発きっかけのEVバイク「EC-03」のレンタルを行うEVバイクレンタルなど。加えて、宿泊施設や観光施設などへの充電インフラの整備も開始。ザ?皇子箱根や箱根美術館など箱根町内の様々なスポットに充電機器が設置される計画だ。

 本職ジェクト開始にあたり、7月30昼間の時間にザ?皇子箱根にて行われたオープニングセレモニーには、箱根町長の山口昇士氏や神奈川県副知事の黒川雅連れ合い氏なども出席。セレモニー終了後には、三菱自動車の最新EV自動車やヤマハ発きっかけの最新EVバイクの試乗会も行われた。

 同県では今後、JTBなど旅行行会社や公共交通機関とも連携し、新旅行行気品物の開発を進入れいくという。民間企業と連携し、EV普及の出足化を図ることで、CO2削減による「環境界先進観光地 箱根」の実現を目指そうとしている。(編集担当:北尾準)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。