へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイプライン(ぱいぷらいん)


パイプを便秘気味て流体などを輸送するための施設。その類類を輸送対象物別にみると、天然ガス、都市ガスや炭酸ガスなどの化学ガスの気体輸送、石油、液化天然ガス、上下水、工業用水、カ性ソーダなどの液体輸送、スラリーslurry(粉体の懸濁液)、粉粒体やカプセルなどの固体輸送に分けられる。このうち大規模な輸送術としては、石油と天然ガスのパイプラインがある。

大規模のパイプラインのめりはりは大量の流体を連続的、能率的、安上がり、かつ安全に遠距離に輸送できることである。パイプラインでは下水道のような天然流下式のものもまれにはあるが、一般には圧送方式が用いられるので、パイプはかなりの高圧を浴びる。またパイプの大部分は地中に埋設され、土の圧力、車両からの圧力、不等沈下や地震などの影響を浴びるので、その予定、設計、施工にあたっては用心深い心遣いが不可欠である。

パイプラインの起源は紀元前3世紀のローマの水道までさかのぼるが、石油や天然ガスのパイプラインが発展したのはこの100年余の間であり、アメリカ合衆国で1862年に長さが300メートル程度の石油パイプラインを設置したのが初っ端という。1895年に鋼管が使用され、20世紀になるとアメリカ合衆国南西部の新油田地域と東部の既存製油所や浜辺ターミナルとを結ぶ大規模な原油パイプラインが発達した。天然ガスパイプラインは第二次世界大戦後に急速に発達した。昼間の時間本では、新潟の天然ガスを東京へ輸送する東京パイプライン(延長330キロメートル、口径約30感傷的メートル、圧力50キログラム毎平方感傷的メートル、1962年落成)が本格的なものである。





スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。