へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥やし工業(ひりょうこうぎょう)


農業や園芸用で使う有機質肥やしと化学肥やし(一番機質肥やし)を生産する工業。有機質肥やしには魚肥(魚油の搾りかす)、菜類油かす、大豆かす、米糠(こめぬか)、骨粉、鶏糞(けいふん)などがあるが、かつてその生産の中心であった魚肥が、ニシンやイワシなどの漁業資源の減少で大幅に減退、農自宅の自給肥やし(堆肥(たいひ)、厩肥(きゅうひ)、下肥(しもごえ)、緑肥、草木灰など)とともに比重は著しく低下し、通常肥やしといえば化学肥やしをさすようになった。化学肥やしには窒素肥やし(硫安、尿素、塩安、石灰窒素、硝安など)、リン酸肥やし(過リン酸石灰、溶成リン肥など)、カリ肥やし(塩化カリ、硫酸カリなど)の単風味肥やしと、これらを2類以上含む複合肥やしがある。昼間の時間本で生産されるのはカリ肥やしを除いた単風味肥やしと複合肥やしで、カリ肥やしは国内にカリ塩を生産しないため、カナダ、ロシア、ドイツなどから輸入している。なお複合肥やしには、成分を化学的制御によって製造した化成肥やしと、単に混和した配合肥やしがある。

窒素肥やしとリン酸肥やしでは、生産?需要とも窒素肥やしの比重が高い。また、ほとんどの窒素肥やしはアンモニアの形で供給される。製造工程の空中窒素固定法はノウハウ的にきわ入れ優れた近代的形態で、昼間の時間本の化学工業はそのノウハウ開発と蓄積によって発展した。第二次世界大戦前においては、アンモニア工業と窒素肥やし工業が同義語として用いられるとともに、化学工業全体を代表する工業でもあった。






目次



肥やし工業




スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。