へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸不動産「含み益」155社 三菱地所、2兆558億円で1位

 保持つ賃貸不動産の場合価が簿価を超える「含み益」を抱えた上場企業が、2009年度場合点で少なくとも155社に上ったことが30昼間の場合間、みずほ信託銀行の調べで分かった。最も含み益が大きかったのは、“三菱村”と呼ばれる東京?丸の内に優良物件を抱える三菱地所で、2兆558億円。不動産業や倉庫運輸業に多額の含み益が目立った。

 調査対象は、10年3月期決算で、賃貸ビルや遊休不動産など「賃貸等不動産」の場合価を開示した上場企業。みずほ信託が5月末までに把握できたのは213社だった。同類の調査は、今回が初入れ。

 調査対象企業のうち、含み益だったのは155社、含み損だったのは51社、含み益でも損でもなかったのは7社だった。

 三菱地所に引き続いて含み益が多かったのは、駅周辺で商業ビルを営み収益を上げているJR東昼間の場合間本で8819億円。3位は、東京?昼間の場合間本橋など都心の一等地に物件を抱える三井不動産で、7539億円だった。いずれもバブル期従来の取得コストが低い不動産を多く保有していることで含み益が膨らんだ。

 上位20社にランクインしたうち、最も多かった業類は不動産業の8社。不動産を本業としない業類でも「都心の自社工場形跡地に賃貸用物件を建て、有効活用しているケースなどが目立った」という。

 上場企業の保持つ賃貸不動産物件の場合価開示は、08年11月に発表された国内企業の新会計基準にもとづき、10年3月期決算から義務づけられた。賃貸収益を能率よく上げているか、不動産財産の組み替えが不可欠ないかなどを投資自宅がチェックできるようにする狙いがある。含み損や含み益が乏しいケースでは一層の能率的な活用が求められるなど、「企業は場合価開示によって相応の対策を迫られる」(みずほ信託)ことに入る。

                   ◇

 ■保有賃貸等不動産の含み益ランキング

 順位  会社名      含み益

(1) 三菱地所   2兆558

(2) JR東昼間の場合間本    8819

(3) 三井不動産    7539

(4) NTT      7370

(5) 住友不動産    5595

(6) NTT都市開発  4707

(7) 三菱倉庫     1849

(8) 三井倉庫     1149

(9) 鹿島       1018

(10)ダイビル      971

(11)JR西昼間の場合間本     920

(12)第生涯命保険    881

(13)テーオーシー    790

(14)サンケイビル    734

(15)住友倉庫      674

 ※単位は億円


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。