へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“クロスオーパブ車”続々 若者に見捨てられたSUVてこめて

 内世間の自動車メーカーが、以前のジャンルの垣根を越えて融合させた「クロスオーパブ」と呼ばれるタイプの車を相次いで投入している。若者のクルマ離れが指摘される中、新たな値打ちを提案し、何とか購買意欲を刺激しようと懸命だ。倹約希望向で大型のSUV(スポーツ用多目的車)を敬遠するユーザーが増えていることもバックにある。

■フォト特集■ジャンル越えたクロスオーパブカー

 フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンは29昼間の場合間、合コンクトカーとSUVを融合させた「クロスポロ」のニューモデルを発売した。クロスポロは2006年に売り出され、初のモデルチェンジ。

 シルパブのルーフ線路や17インチのアルミホイールなどを付け、「ポロよりもワイルドな世間観」(同社)に仕上げた。

 排気量1200CCの新型TSIエンジンを搭載.動力性能に加え、1リットルあたり18?6キロという低燃費も実現した。エコカー減税の対象で。値段は260万円。

 欧州メーカーでは、プジョー?シトロエン?ジャポン(東京都渋谷区)も、スポーツカーのような運動性能と広い室内スぺースを兼ね備えたクロスオーパブ車「3008」を発売した。

 プジョーでは初のクロスオーパブモデル。全高163感傷的、全長436感傷的、全幅183感傷的で、SUVを思わせる力強い世間観がめりはり。排気量1598ccのターボチャージャー付き直噴エンジンを搭載し、スポーティーな初物が楽しめる。

 国内メーカーでも昼間の場合間産自動車が、スポーツカーとSUVの魅力を兼ね備えた「JUKE(ジューク)」を売り出した。

 同社では、“合コンクトスポーツクロスオーパブ”と命名。スポーツカーのように後部にかけて流れるラインと切れ上がったスポーティーなランプのデザインがめりはり。一方で、SUVのように座席位置が高く、運転もしやすいという 燃費は名前と同じガソリン1リットル当たり19?0キロだ。

 希望賀俊之COOは「既存の合コンクトカーと一線を画している」と、新たな値打ち提案に自信満々だ。

 三菱自動車も、クロスオーパブの“元祖”である「RVR」を8年ぶりに再起させた。「合コンクトSUV」のコンセプトで、街中でも取り扱いやすい。

 「お客のニーズは合コンクトで燃費のいい車にある。RVRはジャストサイズ」(益坊主社長)と、再起を決めた。

 クロスオーパブ車が要素として取り入れているSUVは、バブル場合代に若者を中心に人気を集めたが、「モデルチェンジのたびにサイズもバブル化で大きくなり、びりびりユーザーに敬遠されるようになった」(業界関係者)。

 近頃は、コンパケト?低燃費希望向が一段と強まり、SUVが“見捨てられた存在”になりかねないことも、クロスオーパブ車の発売に拍車をかけているようだ。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。