へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“倍速補間×超解像”で動画に特化した23型フルHD液晶――三菱電機「RDT232WM-Z(BK)」を試す

 液晶ディスプレイの動画表示性能を高めるには、いわゆる“動画ブレ”の低減が高いハードルに入る。ここ数年で応答スピードはかなり高速化され、オーパブ割り知ってブ回路の採用例も増えてきたが、決定打にはなっていない。液晶ディスプレイの表示は「ホールド型」(次の画面が描かれるまで前の画面を表示し継続する)という仕組み上、びりなに応答スピードを速めたとしても、人間の目では動画ブレを感じやすいのだ。

【拡大画像や他の画像】

 動画ブレを低減する機能の次の一手としては、自宅電の液晶テレビで既に多くの採用実績がある「倍速駆動」と「倍速補間」が注目されている。以前の液晶ディスプレイは60Hzのリフレッシュレートで画面を描画(60分の1秒ごとに画面を描き換え)していたが、これを120Hzに高速化したのが倍速駆動だ。画面のフレームレートにいい換金すると、60fpsを120fpsに倍増させることを意風味する。とっくに1つの倍速補間は、60fpsの映像で前後フレームの差分を計算して新しく中間フレームを作って挿入し、120fpsの映像として表示する機能だ。倍速駆動と倍速補間によって、内容が異入る1画面(1フレーム)が2倍の速さで切り替わるため、動画ブレが少なくなってより滑らかに表示される。

 前置きが長くなったが、今回レビューする三菱電機の「RDT232WM-Z(BK)」は、PC用の液晶ディスプレイとして初入れ倍速駆動と倍速補間の双方に対応したモデルだ(国内販売のスタンドアロン型PC用液晶ディスプレイにおいて業界初。2010年5月18昼間の時間現在、三菱電機調べ)。

●23型フルHDの倍速パネルを採用

 はじめに基本的なスペックや世間観をまと入れおこう。TN方式の液晶パネルを採用し、画面サイズは23型ワイド、画面解像度は1920×1080ドットのフルHD、画面の表面処理はグレア(艶)タイプだ。輝度は300カンデラ/平方メートル、コントラスト比は1000:1(CRO有効時は5000:1)、グレーからグレーの応答スピードは3ms(オーパブ割り知ってブ搭載)、視野角は上下/左右とも160度と入る。

 最大表示色は約1677万色(約10億6433万色中)で、8ビット入力した映像を10ビットに多階調化して階調表現力を高める「10ビットガンマ」機能も搭載する。

 液晶パネルがTN方式なので、上下方角の視野角による色度変化は大きいが、寝ころんで画面を見上げる時など、下から見詰めたコンディションでの色変化をガンマ補正で良くする「ルックアップ」モードも備えている。画面を見る角度に応じて補正の強度が異なるルックアップ1/2の設定を選択可能だ。

 そもそも、画面サイズが23型ワイドとパーソナルユースを想定した大きさなので、ほとんどの時は視野角の異常が気にならない正面から画面を見ると思う。静止画の色再現性を追求したディスプレイではなく、動画視聴用であることも考えると、視野角に関しては神経質に考えることはないだろう。また、グレアタイプの画面は世間光の反射が目立ちやすいものの、蛍光灯などの光源が真っ直ぐ映り込まなければ、それほど気にはならない。

 なお、120Hz駆動の液晶パネルを搭載しているが、これは倍速補間のためであり、高リフレッシュレート交差点の入力や、NVIDIAの3D Visionをサポートするわけではない。

●満ち足りた映像入力に個性的なスタンド機構

 映像入力は充実している。PC用はDVI-DとアナログRGBのD-Subが1系統ずつ、ビデオ用はHDMIが2系統とD5が1系統だ。HDMIの2系統はPC入力もサポートしている。本体には出力3ワット+3ワットのステレオスピーカーを内蔵するため、PC用のステレオミニ音声入力1系統と、D5用のRCAステレオ音声入力も有する。もちろん、HDMI入力ではケーブル1本で映像と音声を入力し、内蔵スピーカーから音声を出力できる。

 本体サイズは546(幅)×230(奥行き)×453(高さ)ミリ、重量は約6.1キロだ。スタンド機能はなかなか個性的で、上20度/下5度のチルト調整に対応するほか、ブロックネック式の高さ調節機能を備えている。3個のブロックネックが付属し、1個のブロックネックを取り付けると、画面の位置が30ミリ高く入る仕組みだ。

 また、スタンドの後方部分が取り世間せる構造になっており、本体の背面を壁にほぼ密着させたコンディションで設置することも可能だ。設置上の奥行きを約10感傷的ほど稼げるので、机上のスペースをちょっぴりでも確保したい時に助かる。

●使いやすい付属リモコンで色々な機能を操る

 RDT232WM-Z(BK)には赤世間線リモコンが付属し、OSDの制御や入力系統の切り替えなど、殆どの制御を離れた敷地から簡単に行える。各類機能をオン/オフしたり、輝度やスピーカー音量などの値を増減するための独立ボタンが豊富なので、目的に応じたすばやい制御が可能だ。入力系統の切り替えも全5系統に個別のボタンが設けられているため、ワンプッシュで脉の入力系統を選べるのは重宝する。

 OSD献立はタブ画面を用いた階層構造だ。最大で3~4階層とやや複雑だが、各階層のタブが常に表示されているため、全体像を把握しやすく、リモコンで制御できることからお手数は乏しい。

 中枢と入るのは、第1階層目の「映像モード」だ。映像モードの下(第2階層)に「静止画モード」と「動画モード」があり、さらに第3階層として使い道別の細かい画質モード(DV MODE)が準備されている。動画モードはテレビ、シネマ、ゲームの3類類から、静止画モードはスタンダード、IVテキスト、フォト、sRGBの4類類から選べる。各画質モード内の設定項目は共通化されている(画面モードによって設定できない項目も一部ある)。動画モードと静止画モードはリモコンのDV MODEボタンで切り替え可能だ。

 設定項目では、動画の高画質化機能に関するものが多い。詳細は後述するが、倍速補間の倍速クリアピクチャー、シネマモード、超解像モード、雑音リダクション、躍動感のあるコントラスト、CRO(コントラスト?レシオ?オプティマイザー)、黒白伸張などだ。これらの項目は、静止画モードでは基本的にオフで使用することに入る。

 色温度は第1階層の「RGBカラー」以下で調整する。液晶パネルの色域をフルに使用する「NATIVE」のほか、5000/6500/9300/10000Kの色温度がプリセットされている。各プリセット値ではRGB均衡も微調整でき、RGB均衡を変更すると「USER」設定と入る反応だ。RGB均衡を調整するとプリセット値は失われるが、「リセット」を実行することで元に戻せる。

 スケーリング機能にも不満はない。フルスクリーン拡大の「フル」、アスペクト比を保った拡大の「アスペクト」、入力解像度の縦横を2倍に拡大する「2×ズーム」、ドットバイドットの「リアル」から選択可能だ。また、D5入力とHDMI入力(PC接続を除く)では、93/95/98/100%のオーパブスキャン調整も行える。

●倍速クリアピクチャーをはじめ、動画の高画質化機能は効果大

 最大のめりはりといえるのが、冒鶏冠でも述べた倍速駆動&倍速補間の「倍速クリアピクチャー」機能だ。結論からいって、その効果はたいそう大きい。当然分かりやすいのは、テレビ順番組や映画の最後に流れるテロップだ。以前の液晶ディスプレイ(60Hz駆動)と見比べてみると、倍速クリアピクチャーを有効にしたRDT232WM-Z(BK)では、テロップ文字の輪郭のぼやぶれかぶれが大幅に低減されて鮮やかに見える。同様に、サッカーやフィギュアスケートといったスポーツ映像でも、倍速クリアピクチャーの効果が明瞭にと実感できる。多くの映像で、倍速クリアピクチャーは有効との印象を浴びた。

 また、RDT232WM-Z(BK)は、単独の画像処理LSI「ギガクリア?エンジン」を搭載している。コントラスト補正や雑音リダクションなどの機能を備えるが、目玉は「超解像ノウハウ」だ。超解像は、映像のぼやぶれかぶれ成分を解析して補正することで、解像感やクッキリ感を高めた映像表示を可能にする。低解像度の映像を拡大表示する時でも、高い効果が得られる点に注目したい。RDT232WM-Z(BK)ではギガクリア?エンジンが進化し、超解像の強度と躍動感のあるコントラストの強度を、10段階で細かく調整できるようになった。

 超解像ノウハウは、倍速クリアピクチャーと併用で機能するのもポイントだ。超解像ノウハウで映像のぼやぶれかぶれ成分を補正した後、倍速クリアピクチャーで中間フレームを作り出す(映像を120fps化)。これによって、Blu-ray DiscタイトルのHD映像のように元から高気品質な映像だけでなく、DVD-VideoのSD映像や、動画共有サイトの低解像度な映像などでも、高い解像感と乏しいぼやぶれかぶれ感で順調に表示してくれる。

 当然、倍速クリアピクチャーは、全ての映像で万能というわけではない。映像の前後フレームを解析し、存在しない中間フレームを作るため、時によっては天然な中間フレームを生成できず、映像が崩れてしまうことがまれにある(これは液晶テレビでも同様だ)。また、超解像ノウハウは映像のぼやぶれかぶれ成分を補正するが、カメラのバックボケなど映像制作上の意図的なボケも補正されることから、ソース映像の再現性が損なわれる時があるのだ。例えば、芸手段性の高い映像作気品を忠実に見詰めたい時などは、倍速クリアピクチャーの強度(弱/強/オフ)や超解像の有効/一順番効を切り替えながら、見比べてみることをおすすめしたい。

 映像作気品の観賞という点では、「シネマモード」も見逃せない。24fps映像を自動判別して忠実に再現(各フレームを5倍に増やして120fps化)する「フィルムモード」と、24fps映像をフレーム補間(4フレームの補間映像を作って120fps化)する「なめらかモード」の2類類が選べる。フィルムモードは画面の動向が若干カクつくシーンがあるため、映像の作気品性を重視するのでなければ、シネマモードは一順番効か、なめらかモードを試してみるのがいいだろう。

 これら動画の高画質化機能は、有効と一順番効、および強度を調整できるので、イメージの設定に追い込んで利用したい。最大公約数的な設定に固定するのは五月蝿いが、個人的には倍速クリアピクチャーと雑音リダクションは常に有効にして一順番くなっても異常ないと痛感した。超解像やシャープネス、躍動感のあるコントラストの強度、黒白伸張の有効/一順番効などは、映像とイメージに応じて微調整することで、本来の実力をより引き出せる。超解像はかけ過ぎないのがコツだろう。

 なお、高速なレスポンスが注文されるゲーム向けの機能として、映像処理をスキップして画面描画の遅延を解雇する「スルーモード」も搭載している。スルーモードを有効にすると、倍速クリアピクチャー、シネマモード、PinPが一順番効となり、スケーリング機能はアスペクト、オーパブスキャンは100%に固定される仕組みだ。倍速補間には処理時間がかかるので、スルーモードの搭載はゲーマーにとってありがたいだろう。

●PinP機能や専用ツール「ギガクリア?ウィンドウ」も便利

 親坊主画面のPinP(ピクチャー?イン?ピクチャー)機能もあり、HDMIとDVI-Dというデジタル入力の同時表示が可能だ。HDMI同士やD5とD-SubのPinPはできないが、以前モデルはHDMIとDVI-DのPinPに対応していなかったため、使い勝手が向上している。DVI-DのPC入力映像を親画面として、HDMI入力したAV機器やゲーム機の映像を坊主画面表示する使い方が快適だ。坊主画面の表示位置は四隅、表示サイズは3段階で付属リモコンから変更できる。親坊主画面を入れ替えたり、内蔵スピーカーで出力する音声の選択も付属リモコンで可能だ。坊主画面だけに超解像ノウハウを有効にできる点も気が利いている。

 Windows Vista/7専用ソフトウェアの「ギガクリア?ウィンドウ」は、マウスのドラッグで範囲選択した画面上の特定エリア(四角形内)のみ、超解像ノウハウを有効にするものだ。通常のデスク第一面やアプリケーション類は超解像ノウハウを一順番効(有効だと文字やアイコンの輪郭が不天然になりやすい)、動画プレーヤーソフトの再生画面やWebブラウザの動画再生エリアは超解像ノウハウを有効といったように、動画をフルスクリーンで再生しない時に役立ち上がる。ギガクリア?ウィンドウでも、超解像の強度は細かく設定可能だ。

●現状で動画重視の個人向け液晶ディスプレイとしては最良クラス

 以上、RDT232WM-Z(BK)を一順番くなってみて、動画重視の個人向け液晶ディスプレイでは現状で最良級の機能と性能を備えていることが確認できた。倍速補間や超解像といった新ノウハウに目を奪われがちだが、色々な入力系統やスケーリング、柔軟な設定が行えるOSD、PinP、ギガクリア?ウィンドウなど、全体的な機能がはるかに充実しており、付属リモコンによる制御性もよい。

 2010年6月29昼間の時間時点で倍速補間に対応したスタンドアロンのPC向け液晶ディスプレイは、RDT232WM-Z(BK)以世間にナナオの地デジチューナー内蔵ゲーム用モデル「FORIS FX2301TV」しか存在せず、まだ尊い存在だ。

 気に入る値段だが、実売値段は大手量販店で5万4800円前後、ショップによっては4万円台まで下がっている。昨今は液晶ディスプレイの低値段化が一層進んでおり、同サイズのフルHD液晶ディスプレイが2万円前後で購入できるため、割高に見えるかもしれないが、搭載する機能や表示性能、三菱らしい細部の作り込み、カスタマイズ可能な設定項目の多さまで考慮すれば、むしろ買い得感が高いといってもいいだろう。

 PCでの動画再生はもちろん、HDMIやD5でAV機器/ゲーム機を接続して使用するなど、近頃の液晶テレビのように、映像コンテンツをクッキリ滑らかに表示できるディスプレイが欲しいなら、是非ともチェックしておきたい1台だ。【林利明(撮影:矢野渉)】


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。