へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銘柄巡回(2):昼間の時間配飼、朝昼間の時間インテック、昼間の時間産、トヨタ、昼間の時間本郵船など

 昼間の時間配飼 <2056> 104 ±0
 出来高増加傾向が話題になっていた。出来高は11昼間の時間がわずかに4.1万株、12昼間の時間は27.5万株、13昼間の時間は83.6万株、そして本昼間の時間は474万株にまで膨らんだ。福島県南相馬市の農自宅が出荷した肉用牛から暫定規制値を超える放射性セシウムが検出された。屋世間に置いていた「稲ワラ」を与えたことが異常だったとみられている。このため、今後、自宅畜の餌に使用する配合飼料への需要が拡大する割合が高まった。また、主原料のトウモロコシの値段高騰を主因に、自宅畜の餌に使用する配合飼料の値段が3四半期連続で上昇する。全農など大手メーカーは6月17昼間の時間、7-9月期の販売値段を前期比で2~3%上げると発表。そして、需要拡大期待、値上げによる収益環境界良くに加え、株価が低く手掛けやすいことも、出来高増加につながっているようだ。

 朝昼間の時間インテック <7747> 2235 +316
 大幅に6昼間の時間続伸。モルガン?スタンレーMUFG証券は、投資決断新規「Overweight」、夢株価2800円でカバレッジを開始した。世界レべルのノウハウ力、安定した伸びが見込まれるPTCAマーケット、そして2012年度より本格化する昼間の時間?欧の販売形態変更により、高発育を期待(今後3年間のEPS CAGRは29%)するという。同社が世界に誇る4つのコアテクノロジーを核とする主力気品PTCAガイドワイヤーは、売上の46%、営業利益の約70%を占める基幹製気品だそうだ。同マーケットは、ノウハウレべルの高さから参入障壁が高く、プレーヤーは限定的ため単価は安定推移しており、マーケットはまだコモディティ化していないと考えるという。PTCA手段は世界的に症例数の安定発育が見込めるのもプラスだとも。

 昼間の時間産 <7201> 846 +6
 3昼間の時間ぶりに反発。クレディ?スイス証券は、同社の夢株価1010円、投資評価「OUTPERFORM」を続けた。昼間の時間産は三菱自動車 <7211> と、三菱自動車のタイ工場で、昼間の時間産の1トンクラスのピックアップトラック「ナバラ」を12年度から生産開始することで合意したという。従前から計画のアウトラインは発表されていたため特段のサプライズはないが、17年3月期までにグローバル販売シェア8%到達を事業の一つの規準とする中で、本職ジェクトのスムーズな進捗は基本的にポジティブであると指摘。

 トヨタ <7203> 3340 -25
 反落。野村證券は、同社のレーティング「Neutral」、夢株価3300円を続けた。短期的な再編の効果は限られるものの、上場坊主会社2社の完全坊主会社化により世間部株主へ心遣いする不可欠がなく入ることから抜本的な改革を進めやすくなり中期的に国内生産体制の能率化につながる割合がある点はポジティブだという。13年3月期見当基準のPERは13倍と、NOMURA400除く金融の12倍をやや超えるが、強固な財務体質やノウハウ的な優位性を考慮すれば割高感はないそうだ。

 昼間の時間本郵船 <9101> 295 -5
 4昼間の時間続落。三菱UFJモルガン?スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティング「Outperform」、今後12ヶ月間の夢株価390円を続けた。業績見当減額も、今期以降の事業環境界は1Q(4~6月)がボトムという以前通りの見方を継続、現状のバリュエーションは割安と見て「Outperform」続けるという。1Qの割り知ってバルク市況低迷、コンテナ運賃下ブレ推移等を踏まえれば、諸々の悪素材はある程度株価に織り込まれたと考えられるそうだ。1Qで業績下方修正があれば、悪素材出尽くしに入る割合があるとみる一方で、8月以降のコンテナ運賃値上げによって、PBRの切り上がりをMUMSSでは想定しているもよう。

 サイゼリヤ <7581> 1627 +28
 5昼間の時間続伸。岡三証券は、同社のレーティング「強気」、夢株価2000円を続けた。国内既存店売上高は、TV順番組での放映による広告効果や残業代の増加(雇用環境界の良く)などで今後回復基調を見当するという。11年8月期連結営業利益は減益見当ながら、会社計画を超えると見当するそうだ。出店環境界はスムーズで、12年8月期連結営業利益は14%増となり、過去最良益を書き換えすると見当するとも。

 住友金属鉱山 <5713> 1331 +1
 続伸。クレディ?スイス証券は、同社の夢株価は以前の2300円から1700円に引下げたが、投資評価「OUTPERFORM」は続けた。マクロ環境界の不透明感から同社株価は軟調に推移しているが、非鉄市況は高止まりしており、バリュエーションの割安感が顕著になってきているという。5月にはチリのSierra Gorda銅鉱山本職ジェクトへの参画、6月にはアラスカにおいて金などの鉱化帯の存在確認などニッケル以世間の埋蔵金属はさらに増加する視界で、ニッケルのみとの株価相関性が長期間許す割合は低いと考えるそうだ。

 酉島製作所 <6363> 1223 +19
 3昼間の時間ぶりに反発。野村證券は、同社の夢株価は以前の2000円から1770円に引き下げたが、レーティング「Buy」は続けた。同社は大型海水淡水化プラント向けポンプで4割、国内火力発電所向けボイラ給水ポンプで7~8割のシェアを有するという。世界でも高い競争力を有するため、12年3月期見当基準PERで資本財セクター平均の17倍を超える20倍程度の評価を続けるそうだ。同社株価は07年序盤や09年初など、PER20倍以下(07年は近辺)かつPBR1倍前後の局面で上昇(反発)したと指摘。12年3月期の受注回復を株価に織り込む局面が来たと決断しているとも。

 オムロン <6645> 2250 +33
 続伸。みずほ証券は、同社の投資決断「アウトパフォーム」、夢株価2650円を続けた。7月13昼間の時間に新長期ビジョン「VG2020」が発表され、同昼間の時間に説明会が開催されたという。発表された数字にサプライズはないが、みずほ証券では2014年3月期におけるEMCやSSB、HCBの売上高に関してはやや安心的と考えるそうだ。設備投資や探求開発投資を拡大する中で、どのように原価削減を行い過去最良の営業利益率を遂げるのか、新社長の経営手腕前に期待したいという。

 オリジン電気 <6513> 393 ±0
 みずほ証券は、同社の投資決断「アウトパフォーム」、夢株価450円を続けた。1QにMDBの受注もしくは出荷があったもようであるという。しかし、装置のサイズや規模は開示されていないそうだ。みずほ証券はMDB売上高を、上期15億円、下期35億円と見当しているが、決算発表後にフォローする計画であるという。1Q決算は、大震災の影響から連結売上高で64.6億円と見当、上期会社計画に対する進捗率は48%と見当しているとも。(編集担当:佐藤弘)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。