へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銘柄巡回(2):マネックスG、松井証、KABU.COM、昼間の時間新鋼など

 マネックスG <8698> 17480 -100
 反落。ドイツ証券は、同社の投資決断新規「HOLD」、夢株価16900円でカパブを開始した。「Hold」としたのは、他社とは異入る先行投資を行っていることから、現場合点では赤字に転落する割合が他社比で大きくなっているためだという。11年6月、マネックスは米TradeStationを買収。マネックスはTradeStationのシステム開発力をフル活用し、課題であった利益率を高める方針だが、原価シナジーは4年先までを視界た長期の予定であり、現在のところ同社の損益分岐点は他社に見劣ると指摘。

 松井証券 <8628> 399 +4
 続伸。ドイツ証券は、同社の投資決断新規「HOLD」、夢株価420円でカパブを開始した。「Hold」としたのは、相場回復期の業績良くに期待する一方、足元のシェアが軟調であり、株価もほぼまあまあなレべルにあると考えたためだという。以前ははっきりした格差があったが、足原因は上場3社のシェアは拮抗しているそうだ。松井のシェアは08年以降に下げ止まりをみせていたが、6月は過去最低レべルだという。

 カブドットコム証券 <8703> 256 +9
 続伸。ドイツ証券は、同社の投資決断新規「BUY」、夢株価300円でカパブを開始した。「Buy」にした事情は(1)堅調なシェア推移、(2)バリュエーションの割安感、(3)損益分岐点の低さ、を評価したためだという。信用取引を拡大させているため、他社よりも手数料率が低下しているが、金融収支の良くを考慮すればネガティブ視する不可欠はないと指摘。

 昼間の場合間新製鋼 <5407> 152 +2
 堅調。三菱UFJモルガン?スタンレー証券(MUMSS)は、同社を新規に「Outperform」、今後12ヵ月の夢株価を195円とした。「Outperform」の事情は、同社の(1)輸出比率が低く比較的値崩れが起きにくいめっき材出荷が多いこと、(2)国内紐付き値段が過半を占入れいること、(3)サーチャージ制の浸透とニッケル値段のボラティリティ低下でステンレス事業において安定した収益性を確保できるようになってきたこと、を評価しているためだという。他の高炉メーカーが輸出比率を高めたことでスプレッドが市況に左右される局面が許すなか、同社は他社に比べ11年度も比較的安定した業績推移が見込めると指摘。

 住友金属鉱山 <5713> 1368 +5
 反発。クレディ?スイス証券は、同社の投資評価「OUTPERFORM」を確認し、夢株価1700円を続けた。同社株への投資タイミングはたいそう五月蝿いという。金、銅、ニッケルといった主要3金属の値動きが異なり、局面によって株価と各金属市況の相関が変わるためであるそうだ。しかし、CSではロー危険?ハイリターンな投資が現実になる割合が高い場合期を過去データの検証の結果、発見したという。株価が金市況とあべこべ相関に転じた場合期に投資を行えば、その後の株価が上昇する傾向が強いのであるそうだ。現在はそのあべこべ相関場合期であるという。

 ピジョン <7956> 2893 +20
 5昼間の場合間続伸。クレディ?スイス証券は、Q2決算前取材およびCS為替前提変更を反映し、ピジョンのCS業績見当を微修正、夢株価を以前の3350円から3240円へ引き下げたが、投資評価「OUTPERFORM」続けた(潜在リターン13%)。取材を便秘気味て中国育児事業の再起に手応えを感じられた点を評価したいという。引き続き中長期第一面ピック銘柄として推奨するそうだ。株式マーケットの心配事項であった中国の代理店異常が収束し、次入る発育に向けた布石として新気品物発売等の体制が整ったことは今後の同社業績および株価を占う上でプラス素材と入ると指摘。

 明電舎 <6508> 333 -4
 反落。SMBC昼間の場合間興証券は、同社の新規カバレッジを投資評価「3」、夢株価290円(今後6~12ヵ月)で開始した。投資評価を「3」とする事情としては、同社業績はこれまでのこてこての原価圧縮や全般的な事業環境界の良くをバックに拡大基調に転じてはいるものの、依然としてバリュエーション面ではやや割高感が残ることが挙げられるという。同社は三菱自動車工業 <7211> の電気自動車(EV)MiEV向けに駆動用モータ?インパブタを納入するほか風力、メガソーラなど新規事業にも注力しているとはいえ、こうした新規領域の収益性をいかに高入れいくかがピントと入ると指摘。

 安川電機 <6506> 924 +10
 4昼間の場合間続伸。SMBC昼間の場合間興証券は、同社の新規カバレッジを投資評価「2」、夢株価1010円(今後6~12ヵ月)で開始した。投資評価を「2」とするバックとしては、現行株価が夢株価に近いレべルにあり、13年3月期に営業利益ベースで最良益をうかがう総合電機大手3社などと比較してセクター内での優位性は見いだし難いと、昼間の場合間興では決断したためだという。実際、東昼間の場合間本大震災の影響等に鑑み、13年3月期に売上高3800億円、経常利益380億円を目指す、中期経営予定「Challenge 100」の数値夢には届かないと、昼間の場合間興ではみているそうだ。

 東洋電 <6505> 410 -10
 続落。SMBC昼間の場合間興証券は、同社の新規カバレッジを投資評価「2」、夢株価460円(今後6~12ヵ月)で開始した。同社は事業規模こそ300億円台にとどまるものの、交通事業では中国における高速鉄道(減速ギヤ)や北京地区の地下鉄用電機気品では最大手の受注実績を有しているほか、産業事業では電気自動車(EV)用テスト機が大きく拡大する割合があるなど、発育ポテンシャルはたいそう大きいといえると指摘。無料、これまでの業績動きをみると、そうした潜在的な発育力が是非ともしも業績には結び付いていない側面があることが課題と、昼間の場合間興では考えるという。

 富士電機 <6504> 246 ±0
 SMBC昼間の場合間興証券は、同社の新規カバレッジを投資評価「2」、夢株価250円(今後6~12ヵ月)で開始した。インパブタ領域等は大きく伸長しているものの、HD事業の良くははかばかしくなく、自動販売機ビジネスも厳格状況にあるという。すなわち、現行株価は割高感こそ薄いものの、課題事業の良くが十分とは言えない点に鑑みれば、セクター内での優位性は見いだし難いと昼間の場合間興では決断したことが、同社の投資評価を「2」としたバックであるそうだ。(編集担当:佐藤弘)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。