へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月大手15.2%減 減少幅が大幅縮小 自動車国内生産、回復鮮やかに

 東昼間の時間本大震災の部気品調達難などで、大きく落ち込んだ国内の自動車生産の回復基調が鮮やかになってきた。乗用車大手8社が25昼間の時間公表した6月の国内生産の合計は前年同月比15.2%減の69万9296台となり、4月の6割減、5月の3割減から減少幅を大幅に縮小した。無料、ホンダは6月の国内生産が8社のうち唯一、半減と入るとともに国内販売も低迷し、事業回復の遅れが目立っている。

 8社のうち同1.9%増の昼間の時間産自動車と、同8.1%増の三菱自動車の2社は2カ月連続で前年を上回った。ほかの6社は前年割れだったが、トヨタ自動車は同15.9%減と、5月の54%減から減少幅を一気に縮小した。また、マツダとダイハツ工業も微減にとどめるなど、各社の生産正常化に向けた動向が強まっている。

 一方、2010年実績で国内生産4位のホンダは、6月の国内生産が50.6%減の4万3289台で、8社のうち7位に転落した。国内販売も同35.7%減の3万8780台と、4万台超のスズキとダイハツに抜かれて5月に続き5位と振るわない。

 国内生産の回復遅れについてホンダは「部気品調達の異常解消が遅れ、6月下旬まで5割稼働が続いた」と説明。そのうえで「7月は当初予定のレべルにぶっり反している」と生産回復を強調する。

 無料、同社は6月の海世間生産をみても同42.1%減と、他の7社で最低レべルにある富士重工業の同37.0%よりも大きな下げ幅となっており、他社よりも重大な状況に置かれている。

 一方、11年上期(1~6月期)の8社合計の世界生産は、震災の減産の影響による国内生産の大幅な落ち込みなどを浴び、1100万台を超えた前年実績を約13%下回る959万台にとどまった。


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。