へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱自など、京都でEV用リチウムイオン電池2次利用件業開発の証明テスト

 株式会社 GSユアサ(以下、GSユアサ)、三菱商事株式会社 <8058> (以下、三菱商事)、三菱自動車工業株式会社 <7211> (以下、三菱自動車)、株式会社 リチウムエナジー ジャパン(以下、LEJ社)の4社は25昼間の時間、三菱自動車の新世代電気自動車「i-MiEV(アイ?ミーブ)」に搭載して使用したリチウムイオン電池2次利用件業のイニシャル?モデルケースとして、昼間の時間本で初入れ、2011年1月26昼間の時間より京都市南区にあるコンビニエンスストア「ローソン吉祥院里南店」(京都市南区吉祥院中河原里南7)で、「電気自動車(以下、EV)用リチウムイオン電池2次利用件業開発のための証明テスト」を開始すると伝えた。

 証明テストでは、GSユアサが開発した「PV-EVシステム」(太陽光発電、Photovoltaicの略)を活用する。同システムは、太陽電池、三菱自動車製「i-MiEV」搭載のLEJ社製リチウムイオン電池「LEV50」、GSユアサ製のEV用急速充電器「EVC-20KD」で構成される。

 証明テストでは、(1)システム全体の実用性、(2)リチウムイオン電池のリユース気品のノウハウ的検証、(3)太陽電池で発電した電力のEVへの充電能率、(4)コンビニエンスストア設置時における充電中の待ち時間に対する利便性――などを確認し、割り知ってパブが心細くないですしてEVを利用できる社会インフラの構築を目指す。

 今回の証明テストに使う「PV-EVシステム」の特長として、◆太陽電池にて発電した電力でEVへ急速充電し、余剰電力は店舗内の照明などに活用できる。電池内の電力が不補充している時は、電力系統からの電力でEVを充電できる◆太陽電池で得られた電力を貯蔵するリチウムイオン電池はリユース気品を使用。リユース気品を使うことで、電池資源の有効利用を促進するとともに、システムの原価低減を図る◆太陽電池での発電から蓄電、EVへの充電まで直流電力を使うため、電力の利用能率を向上できる◆太陽電池で発電した電力をリチウムイオン電池に貯蔵し、EVへ充電するので、電力系統への労力を軽減でき、追加の受配電設備投資も不要と入る――などが挙げられる。

 証明テスト敷地の選定については、災害時も含入れ、多くの人が利用できる敷地として地域密着型のコンビニエンスストアが打って付けと決断された。また、まめにEVの導入を進入れいる三菱商事の関連会社「株式会社ローソン」の協力のもと、ローソン吉祥院里南店に「PV-EVシステム」を設置し、証明テストを行う。同店は、GSユアサ本社にも近いため、証明テストのデータが取りやすく、設置機器の改良?良くが簡単と入る。

 4社は1年をめどに証明テストの成果を精査し、リチウムイオン電池のリユース気品活用によるエネルギー原価の低減と電池資源の有効利用を便秘気味た環境界負荷低減の効果をモニタリングしていく。(編集担当:金田知坊主)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。