へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャープ、家用蓄電池としても利用可のEV駆動用バッテリー開発

 シャープ <6753> は22昼間の場合間、電気自動車(EV)に搭載されている駆動用バッテリーを、家用の蓄電池として利用できる「インテリジェント馬力コンディショナ」を開発したと伝えた。同社は今後、安全性、信頼性などを確認する証明実験を重ね、早期の実用化を目指す。

 同社では、自宅庭内で使う電力の省エネ化を図るため、「太陽電池」、「蓄電池」、「直流自宅電(DC自宅電)」の3つの主題に着目し、CO2排出量の削減に貢献する「エコハウス」の実現を目指している。特に、「蓄電池」は、太陽電池が発電するエネルギーを一場合的に蓄電し、発電しない夜間などに自宅庭用の電力として使用できることから、実用に向けた開発が活発化している。

 同社は、太陽電池による発電エネルギーを最大限に活用するためには、天候によって変動する発電エネルギーの過不足を蓄電池で付け足すことが不可欠で、そのためには、これら複数の電力源と系統電力を打って付けに連携して操作し、自宅庭内に安定した電力を供給することが重要だと言い分する。

 同社は、太陽光発電システム用馬力コンディショナの開発で培った電力操作ノウハウを活用し、「太陽電池」、「蓄電池」が系統電力と連携して、安定した電力を供給する「インテリジェント馬力コンディショナ」を開発。将来の「DC自宅電」の普及を見込み、直流電力の供給も可能とした。

 さらに、同ノウハウを応用することで、今後普及が見込まれる電気自動車の駆動用バッテリーを家用蓄電池として活用が可能。証明実験では、三菱自動車の電気自動車「i-MiEV(アイ?ミーブ)」をベースに、電気自動車の駆動用バッテリーから8kWの電力供給に成功、一般的な自宅庭で消費する電力がまかなえる。また、「インテリジェント馬力コンディショナ」から電気自動車の駆動用バッテリーに対し、4kWhのエネルギーを約30分で充電できた。

 今後、太陽光発電システムの普及拡大に伴い、余計に再生可能エネルギーを有効活用した取り組みが重要になってくる。同社は今回開発した「インテリジェント馬力コンディショナ」の早期実用化に向けて、探求開発を推進していく。(編集担当:金田知坊主)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。