へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱電機、EV充電スタンド向け一番鉛はんだ太陽電池モジュールを納入

 三菱電機 <6503> は8昼間の時間、三菱自動車工業 <7211> の米国における製造?販売会社であるミツビシ?モーターズ?ノース?アメリカ?インク(以下:MMNA)に納入した96枚の「一番鉛はんだ太陽電池モジュール」が、7月7昼間の時間に稼働を開始したことを公表した。

 MMNAでは、電気自動車「i‐MiEV」の米国での発売を今年11月に計画しており、現在、電気自動車(EV)の普及促進のため、全米ディーラーなどにEV充電スタンドの設置を広める計画を推進している。その一環として今回、自社車を停める場所の一画にEV充電スタンドを新設するにあたり、合計8台分のカーポートの屋根上に17kW(キロワット)の太陽光発電システムを補助電源として設置した。設置された太陽光発電システムの年間期待発電電力量は24,000kWh で、余剰電力はMMNAの建屋で使用されるという。

 今回の太陽電池モジュールの受注は、三菱電機の太陽電池モジュールが、一番鉛はんだを使用していることで環境界負荷が低いことや、モジュール能率の高さと製気品の長期信頼性などが評価された格好だ。同社は、これまでにも米国で、一番鉛はんだ太陽電池モジュールを大規模小売チェーンや農場、食気品工場などへ納入してきた実績がある。

 米国では、エネルギー原価の上昇や環境界貢献意識の向上などから、製造業や小売業を中心とした商業領域で太陽光発電システムの導入が進んでおり、同社は今後も、米国マーケットで商業?産業用領域への販売を強化するとともに、EV充電スタンド向けなど新たな領域も開拓しながら事業拡大を目指すとしている。(編集担当:上地智)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

KDDI、東電、NEC、東芝、昼間の時間立など10社、「HEMSアライアンス」を立ち上げ

 KDDI、シャープ、ダイキン工業、東京電力、 東芝、昼間の場合間本電気、パナソニック、 昼間の場合間立製作所、三菱自動車工業、および三菱電機の10社は12昼間の場合間、「HEMS」のマーケット確立と普及を目的とした共同検討体制(HEMSアライアンス)の立ち上げを公表した。

【その他の画像、より大きな画像、詳細なデータ表など】

 「HEMS」(Home Energy Management System)とは、ITを活用して自宅庭用エネルギーの見える化や節電を行うノウハウと入る。近年のエネルギー利用に対する興味の高まり、さらに昼間の場合間本では今夏の電力需給逼迫への対策などから注目を集入れいる。今後、メーカー各社が開発する高機能な「スマート自宅電」(EVを含む) は、HEMSアプリケーション(本職グラム)などで相互接続されることが見込まれるが、互換性や基準などさまざまな課題が残されているのが現状だ。

 HEMSアライアンスでは、HEMSアプリケーションからスマート自宅電群への操作のあり方に関する課題をはじめ、HEMSアプリの開発?流通、スマート自宅電の保守などに不可欠な仕組み作りなど、各社共通の課題に関して共同検討を進めるための組織と入る。同場合に“安全”をキーワードとしたHEMSマーケット確立に向けた課題決着にも取り組んでいく。検討に際しては、適宜、スマートコミュニティ?アライアンスなどの各集団やハウスメーカーなどとも連携する計画。

 なおHEMSアライアンス顧問として、東京大学特任教授の荻本和彦氏、弁護士の稲垣隆一氏が就任する。



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

自宅電メーカーなど10社、スマート自宅電普及で共同検討体制

KDDIや自宅電大手など10社は12昼間の時間、HEMS(Home Energy Management System)とスマート自宅電普及の環境界整備に関する共同検討体制「HEMSアライアンス」を立ち上げたと公表した。

[関連写真]

参加企業は、KDDI、シャープ、ダイキン工業、東京電力、東芝、昼間の時間本電気、パナソニック、昼間の時間立製作所、三菱自動車工業、三菱電機の10社。

同アライアンスによると、広く自宅庭内におけるエネルギーの打って付け利用を促進するためには、今後、メーカー各社が開発する高機能なスマート自宅電群を、ホームコントローラーやHEMSアプリケーションなどを活用することによって相互に接続し、各機器の使用状況の可視化や自動操作を便秘気味た自宅庭全体での電力需給打って付け操作の実現が不可欠という。

同アライアンスでは、HEMSアプリケーションからスマート自宅電群への操作のあり方に関する課題をはじめ、HEMSアプリケーションの開発?流通、スマート自宅電の保守などに不可欠な仕組み作りなど、各社共通の課題に関して検討を進めるとともに、“安全”をキーワードとしたHEMSマーケット確立に向けた課題決着に取り組む。

また、スマートコミュニティ?アライアンスなどの各集団やハウスメーカーなどとも連携し、検討の成果については、HEMS普及のために広く社会に提供するとしている。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

[集団]東芝、NECなど10社、自宅庭内エネルギーの打って付け化に向けて「HEMSアライアンス」を設立

 KDDI、シャープ、ダイキン工業、東京電力、東芝、昼間の時間本電気、パナソニック、昼間の時間立製作所、三菱自動車工業、三菱電機の10社は、7月12昼間の時間、自宅庭内のエネルギーを操作し、能率的に需給することで省エネルギーと節電を目指す共同検討体制「HEMS(ヘムス)アライアンス」を立ち上げたと公表した。

【画像入りの記事】

 「HEMS」とは、ホーム?エネルギー?マネジメント?システムの略で、自宅庭内の電気などのエネルギーを管理し、可視化することで、省エネを行うシステムのこと。

 「HEMSアライアンス」は、自宅庭内のエネルギーをコントロールする「HEMS」アプリケーションや、ネットワークを介して「HEMS」アプリケーションでコントロールできる「スマート自宅電」の開発に取り組む。来年夏に節電に向けた何らかの成果を実現し、2014年をめどに一定の成果を出すことを目指している。

 オール電化家などのホームコントローラーは、現段階では操作できる機器に限りがある。また、コントローラーと自宅電製気品のメーカーが異入る時、ユーザーや機器の安全確保のために操作することができない。「HEMSアライアンス」は、異入るメーカーの製気品間の操作ルールや、世間部の開発者との連携に不可欠な環境界の整備などを検討していく。



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

自宅電メーカーなど10社、スマート自宅電普及で共同検討体制

KDDIや自宅電大手など10社は12昼間の時間、HEMS(Home Energy Management System)とスマート自宅電普及の環境界整備に関する共同検討体制「HEMSアライアンス」を立ち上げたと公表した。

[関連写真]

参加企業は、KDDI、シャープ、ダイキン工業、東京電力、東芝、昼間の時間本電気、パナソニック、昼間の時間立製作所、三菱自動車工業、三菱電機の10社。

同アライアンスによると、広く自宅庭内におけるエネルギーの打って付け利用を促進するためには、今後、メーカー各社が開発する高機能なスマート自宅電群を、ホームコントローラーやHEMSアプリケーションなどを活用することによって相互に接続し、各機器の使用状況の可視化や自動操作を便秘気味た自宅庭全体での電力需給打って付け操作の実現が不可欠という。

同アライアンスでは、HEMSアプリケーションからスマート自宅電群への操作のあり方に関する課題をはじめ、HEMSアプリケーションの開発?流通、スマート自宅電の保守などに不可欠な仕組み作りなど、各社共通の課題に関して検討を進めるとともに、“安全”をキーワードとしたHEMSマーケット確立に向けた課題決着に取り組む。

また、スマートコミュニティ?アライアンスなどの各集団やハウスメーカーなどとも連携し、検討の成果については、HEMS普及のために広く社会に提供するとしている。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

KDDI、東電ら10社、自宅庭でのエネルギー管理システムのマーケット確立へ向けてアライアンス

 今回、「HEMSアライアンス」を立ち上げたのは、KDDI、シャープ、ダイキン工業、東京電力、東芝、昼間の時間本電気、パナソニック、昼間の時間立製作所、三菱自動車工業、三菱電機の10社。再生可能エネルギーの導入促進、自宅庭での省エネルギーの推進の気運が高まるなか、自宅庭内のエネルギー利用を打って付け化するため、高機能なスマート自宅電群とアプリケーションを連携させて各機器の使用状況を可視化し、自動操作するシステムの実現へ向けてメーカー各社が協力して課題決着に向けて動向出す。


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

HEMSのマーケット確立と普及に向け、10社で共同検討を推進

 KDDI <9433> 、シャープ <6753> 、ダイキン工業 <6367> 、東京電力 <9501> 、東芝 <6502> 、昼間の時間本電気 <6701> 、パナソニック <6752> 、昼間の時間立製作所 <6501> 、三菱自動車工業 <7211> 、および三菱電機 <6503> の10社は、HEMS(Home Energy Management System、センサーやITのノウハウを活用することで、家のエネルギー管理や省エネを行うシステム)のマーケット確立と普及を目的として共同検討体制「HEMSアライアンス」を立ち上げたことを12昼間の時間に共同で公表した。

今後、同アライアンスでは、HEMSアプリケーションからスマート自宅電群への操作のあり方に関する課題をはじめ、HEMSアプリケーションの開発や流通、スマート自宅電の保守などに不可欠な仕組み作りなど、各社共通の課題に関して検討を進めるとともに、HEMSマーケット確立に向けた課題決着に向けて共同で取り組んでいく。

 近年では、再生可能エネルギーの導入をはじめ、自宅庭内でのエネルギー利用に対する興味が高まっており、全国的な電力需給逼迫への対策として、自宅庭での省エネルギーへの取り組みが一般的に広まっている。そんな中、自宅庭内におけるエネルギーの打って付けな利用を促進するためには、EVを含む、メーカー各社が開発する高機能なスマート自宅電群を、ホームコントローラーやHEMSアプリケーションといったICTを活用することによって相互に接続し、各機器の使用状況の可視化や自動操作を便秘気味た自宅庭全体での電力需給打って付け操作の実現が不可欠と入る。

 今回の公表では、同アライアンスで行った検討の成果について、HEMSの普及のために広く社会に提供していくとしている。(編集担当:上地智)


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

東電/自宅電メーカー、「HEMSアライアンス」でスマート自宅電連携を目指す

東京電力や大手電機メーカなど10社は2011年7月12昼間の場合間、自宅庭におけるエネルギー利用の打って付け化支援システム「HEMS(Home Energy Management System)」のマーケット確立と普及を目指し、環境界整備や連携などの検討グループ「HEMS アライアンス」を結成したと公表した。結成場合のメンパブ企業は、KDDI、シャープ、ダイキン工業、東京電力、東芝、昼間の場合間本電気(NEC)、パナソニック、昼間の場合間立製作所、三菱自動車工業、三菱電機。

自宅庭で省エネルギーを実践し、消費するエネルギー量を打って付け化するには、自宅電メーカがそれぞれ単独に開発するスマート自宅電、電気自動車(EV)、電力会社のスマート メーターなどを相互接続して連携させなければならない。HEMS アライアンスはこうした異常を決着し、HEMS マーケットの確立を目指す。

具体的には、関連機器の使用状況の可視化や自動操作といった、HEMS アプリケーションからのスマート自宅電操作手立てなどを検討する。さらに、HEMS アプリケーションの開発/流通、スマート自宅電の保守など、さまざまな課題にも取り組む。

検討を進める本職セスでは、ICT(情報通信ノウハウ)活用で各類社会インフラを連携させる「スマート コミュニティ」の関連集団や家メーカーなどとも手を結ぶ計画。そして、成果物を広く提供するとしている。

なお、東芝はスマート コミュニティの事業化を米国 Hewlett-Packard(HP)と共同検討するとともに、米国でスマート コミュニティ推進活動を展開するNGO法人、Energy Systems Network(ESN)に加わるといった活動を展開。また、NEC もブラジルで計画されている ICT 活用型都市、スマート シティの開発本職ジェクトに参加している。
 


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

[集団]東芝、NECなど10社、自宅庭内エネルギーの打って付け化に向けて「HEMSアライアンス」を設立

 KDDI、シャープ、ダイキン工業、東京電力、東芝、昼間の時間本電気、パナソニック、昼間の時間立製作所、三菱自動車工業、三菱電機の10社は、7月12昼間の時間、自宅庭内のエネルギーを操作し、能率的に需給することで省エネルギーと節電を目指す共同検討体制「HEMS(ヘムス)アライアンス」を立ち上げたと公表した。

【画像入りの記事】

 「HEMS」とは、ホーム?エネルギー?マネジメント?システムの略で、自宅庭内の電気などのエネルギーを管理し、可視化することで、省エネを行うシステムのこと。

 「HEMSアライアンス」は、自宅庭内のエネルギーをコントロールする「HEMS」アプリケーションや、ネットワークを介して「HEMS」アプリケーションでコントロールできる「スマート自宅電」の開発に取り組む。来年夏に節電に向けた何らかの成果を実現し、2014年をめどに一定の成果を出すことを目指している。

 オール電化家などのホームコントローラーは、現段階では操作できる機器に限りがある。また、コントローラーと自宅電製気品のメーカーが異入る時、ユーザーや機器の安全確保のために操作することができない。「HEMSアライアンス」は、異入るメーカーの製気品間の操作ルールや、世間部の開発者との連携に不可欠な環境界の整備などを検討していく。



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

昼間の時間産自と三菱自、タイでのピックアップトラック生産で合意

 昼間の時間産自動車株式会社 <7201> と三菱自動車工業株式会社 <7211> は13昼間の時間、両社がこのほど、三菱自動車のタイ工場で、昼間の時間産の1トンクラスのピックアップトラックを生産することに関して合意したと公表した。昼間の時間産「ナバラ」を対象に、2012年度からの生産開始を目指す。

 両社は2010年12月に事業協力関係の拡大について合意したが、タイでのピックアップトラックの生産は、その本職ジェクトの一環として、協議を重ねてきたもの。同合意は、2011年6月の昼間の時間本マーケットにおける軽自動車事業に関わる合弁会社「NMKV株式会社」の設立につづくもので、両社の事業競争力強化につながるものと期待されている。(編集担当:金田知坊主)


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

昼間の時間産、三菱タイ工場に1tピックアップの生産を委託

昼間の時間産自動車と三菱自動車は7月13昼間の時間、昼間の時間産の1tクラスのピックアップトラックの生産を、三菱自動車のタイ工場へ委託することで合意したと公表した。

昼間の時間産が三菱に生産を委託するのは昼間の時間産『ナバラ』で、2012年度から生産を開始する計画。

両社は2010年12月に事業協力関係の拡大について合意。タイでのピックアップトラックの生産は、この本職ジェクトの一環。

今回の合意では、2011年6月の昼間の時間本マーケットにおける軽自動車事業に関わる合弁会社「NMKV」の設立につづくもの。両社の事業競争力強化につながるとしている。




テーマ :
ジャンル : 車・バイク

【株価】買い戻しが優勢、反発

全体相場は3昼間の時間ぶりに反発。欧米マーケットの下落を浴び売り先行で始まったが、円高の一息と中国?上海マーケットの堅調な動向を好感。買い戻しが優勢となり、平均株価は前昼間の時間比37円22銭高の9963円14銭と嫌気がさして引けた。自動車株は高安まちまち。

[関連写真]

トヨタ自動車が10円高の3365円と小反発。引け後、生産体制の再構築を目指し、トヨタ車体と関東自動車工業の完全坊主会社化を打ち出している。ホンダも5円高の3175円と反発。三菱自動車、昼間の時間野自動車もしっかり。

一方、昼間の時間産自動車が12円安の840円と続落。いすゞが反落し、マツダ、ダイハツ工業、富士重工がさえない。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

米国のEVデータ操作ノウハウ特許の被引用回数、昼間の時間本企業の第一面はエクォス?リサーチ

パテント?リザルトは、米国特許商標庁に出願された電気自動車などのデータ操作関連の特許について、先行ノウハウとして引用された公報の「被引用回数」を集計した。

[関連写真]

この被引用回数は、先行ノウハウとしての認知度が高さを表す指標となり、当該領域における主要な特許を特定することができる。

集計の結果、1位はDELPHI TECHNOLOGIESの90回。また昼間の時間本企業の第一面は、エクォス?リサーチの63回。同社の公報はこの特許を含め、上位30位以内に3件ランクインしている。

このほか、上位30位以内には、昼間の時間産自動車が4件、トヨタ自動車が3件、本田技研工業が3件、パナソニックが1件、三菱自動車が1件ランクインするなど、昼間の時間本企業の公報も比較的多く引用されている。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

昼間の時間産、三菱タイ工場に1tピックアップの生産を委託

昼間の時間産自動車と三菱自動車は7月13昼間の時間、昼間の時間産の1tクラスのピックアップトラックの生産を、三菱自動車のタイ工場へ委託することで合意したと公表した。

昼間の時間産が三菱に生産を委託するのは昼間の時間産『ナバラ』で、2012年度から生産を開始する計画。

両社は2010年12月に事業協力関係の拡大について合意。タイでのピックアップトラックの生産は、この本職ジェクトの一環。

今回の合意では、2011年6月の昼間の時間本マーケットにおける軽自動車事業に関わる合弁会社「NMKV」の設立につづくもの。両社の事業競争力強化につながるとしている。




テーマ :
ジャンル : 車・バイク

【株価】買い戻しが優勢、反発

全体相場は3昼間の時間ぶりに反発。欧米マーケットの下落を浴び売り先行で始まったが、円高の一息と中国?上海マーケットの堅調な動向を好感。買い戻しが優勢となり、平均株価は前昼間の時間比37円22銭高の9963円14銭と嫌気がさして引けた。自動車株は高安まちまち。

[関連写真]

トヨタ自動車が10円高の3365円と小反発。引け後、生産体制の再構築を目指し、トヨタ車体と関東自動車工業の完全坊主会社化を打ち出している。ホンダも5円高の3175円と反発。三菱自動車、昼間の時間野自動車もしっかり。

一方、昼間の時間産自動車が12円安の840円と続落。いすゞが反落し、マツダ、ダイハツ工業、富士重工がさえない。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

米国のEVデータ操作ノウハウ特許の被引用回数、昼間の時間本企業の第一面はエクォス?リサーチ

パテント?リザルトは、米国特許商標庁に出願された電気自動車などのデータ操作関連の特許について、先行ノウハウとして引用された公報の「被引用回数」を集計した。

[関連写真]

この被引用回数は、先行ノウハウとしての認知度が高さを表す指標となり、当該領域における主要な特許を特定することができる。

集計の結果、1位はDELPHI TECHNOLOGIESの90回。また昼間の時間本企業の第一面は、エクォス?リサーチの63回。同社の公報はこの特許を含め、上位30位以内に3件ランクインしている。

このほか、上位30位以内には、昼間の時間産自動車が4件、トヨタ自動車が3件、本田技研工業が3件、パナソニックが1件、三菱自動車が1件ランクインするなど、昼間の時間本企業の公報も比較的多く引用されている。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

銘柄巡回(2):昼間の時間配飼、朝昼間の時間インテック、昼間の時間産、トヨタ、昼間の時間本郵船など

 昼間の時間配飼 <2056> 104 ±0
 出来高増加傾向が話題になっていた。出来高は11昼間の時間がわずかに4.1万株、12昼間の時間は27.5万株、13昼間の時間は83.6万株、そして本昼間の時間は474万株にまで膨らんだ。福島県南相馬市の農自宅が出荷した肉用牛から暫定規制値を超える放射性セシウムが検出された。屋世間に置いていた「稲ワラ」を与えたことが異常だったとみられている。このため、今後、自宅畜の餌に使用する配合飼料への需要が拡大する割合が高まった。また、主原料のトウモロコシの値段高騰を主因に、自宅畜の餌に使用する配合飼料の値段が3四半期連続で上昇する。全農など大手メーカーは6月17昼間の時間、7-9月期の販売値段を前期比で2~3%上げると発表。そして、需要拡大期待、値上げによる収益環境界良くに加え、株価が低く手掛けやすいことも、出来高増加につながっているようだ。

 朝昼間の時間インテック <7747> 2235 +316
 大幅に6昼間の時間続伸。モルガン?スタンレーMUFG証券は、投資決断新規「Overweight」、夢株価2800円でカバレッジを開始した。世界レべルのノウハウ力、安定した伸びが見込まれるPTCAマーケット、そして2012年度より本格化する昼間の時間?欧の販売形態変更により、高発育を期待(今後3年間のEPS CAGRは29%)するという。同社が世界に誇る4つのコアテクノロジーを核とする主力気品PTCAガイドワイヤーは、売上の46%、営業利益の約70%を占める基幹製気品だそうだ。同マーケットは、ノウハウレべルの高さから参入障壁が高く、プレーヤーは限定的ため単価は安定推移しており、マーケットはまだコモディティ化していないと考えるという。PTCA手段は世界的に症例数の安定発育が見込めるのもプラスだとも。

 昼間の時間産 <7201> 846 +6
 3昼間の時間ぶりに反発。クレディ?スイス証券は、同社の夢株価1010円、投資評価「OUTPERFORM」を続けた。昼間の時間産は三菱自動車 <7211> と、三菱自動車のタイ工場で、昼間の時間産の1トンクラスのピックアップトラック「ナバラ」を12年度から生産開始することで合意したという。従前から計画のアウトラインは発表されていたため特段のサプライズはないが、17年3月期までにグローバル販売シェア8%到達を事業の一つの規準とする中で、本職ジェクトのスムーズな進捗は基本的にポジティブであると指摘。

 トヨタ <7203> 3340 -25
 反落。野村證券は、同社のレーティング「Neutral」、夢株価3300円を続けた。短期的な再編の効果は限られるものの、上場坊主会社2社の完全坊主会社化により世間部株主へ心遣いする不可欠がなく入ることから抜本的な改革を進めやすくなり中期的に国内生産体制の能率化につながる割合がある点はポジティブだという。13年3月期見当基準のPERは13倍と、NOMURA400除く金融の12倍をやや超えるが、強固な財務体質やノウハウ的な優位性を考慮すれば割高感はないそうだ。

 昼間の時間本郵船 <9101> 295 -5
 4昼間の時間続落。三菱UFJモルガン?スタンレー証券(MUMSS)は、同社のレーティング「Outperform」、今後12ヶ月間の夢株価390円を続けた。業績見当減額も、今期以降の事業環境界は1Q(4~6月)がボトムという以前通りの見方を継続、現状のバリュエーションは割安と見て「Outperform」続けるという。1Qの割り知ってバルク市況低迷、コンテナ運賃下ブレ推移等を踏まえれば、諸々の悪素材はある程度株価に織り込まれたと考えられるそうだ。1Qで業績下方修正があれば、悪素材出尽くしに入る割合があるとみる一方で、8月以降のコンテナ運賃値上げによって、PBRの切り上がりをMUMSSでは想定しているもよう。

 サイゼリヤ <7581> 1627 +28
 5昼間の時間続伸。岡三証券は、同社のレーティング「強気」、夢株価2000円を続けた。国内既存店売上高は、TV順番組での放映による広告効果や残業代の増加(雇用環境界の良く)などで今後回復基調を見当するという。11年8月期連結営業利益は減益見当ながら、会社計画を超えると見当するそうだ。出店環境界はスムーズで、12年8月期連結営業利益は14%増となり、過去最良益を書き換えすると見当するとも。

 住友金属鉱山 <5713> 1331 +1
 続伸。クレディ?スイス証券は、同社の夢株価は以前の2300円から1700円に引下げたが、投資評価「OUTPERFORM」は続けた。マクロ環境界の不透明感から同社株価は軟調に推移しているが、非鉄市況は高止まりしており、バリュエーションの割安感が顕著になってきているという。5月にはチリのSierra Gorda銅鉱山本職ジェクトへの参画、6月にはアラスカにおいて金などの鉱化帯の存在確認などニッケル以世間の埋蔵金属はさらに増加する視界で、ニッケルのみとの株価相関性が長期間許す割合は低いと考えるそうだ。

 酉島製作所 <6363> 1223 +19
 3昼間の時間ぶりに反発。野村證券は、同社の夢株価は以前の2000円から1770円に引き下げたが、レーティング「Buy」は続けた。同社は大型海水淡水化プラント向けポンプで4割、国内火力発電所向けボイラ給水ポンプで7~8割のシェアを有するという。世界でも高い競争力を有するため、12年3月期見当基準PERで資本財セクター平均の17倍を超える20倍程度の評価を続けるそうだ。同社株価は07年序盤や09年初など、PER20倍以下(07年は近辺)かつPBR1倍前後の局面で上昇(反発)したと指摘。12年3月期の受注回復を株価に織り込む局面が来たと決断しているとも。

 オムロン <6645> 2250 +33
 続伸。みずほ証券は、同社の投資決断「アウトパフォーム」、夢株価2650円を続けた。7月13昼間の時間に新長期ビジョン「VG2020」が発表され、同昼間の時間に説明会が開催されたという。発表された数字にサプライズはないが、みずほ証券では2014年3月期におけるEMCやSSB、HCBの売上高に関してはやや安心的と考えるそうだ。設備投資や探求開発投資を拡大する中で、どのように原価削減を行い過去最良の営業利益率を遂げるのか、新社長の経営手腕前に期待したいという。

 オリジン電気 <6513> 393 ±0
 みずほ証券は、同社の投資決断「アウトパフォーム」、夢株価450円を続けた。1QにMDBの受注もしくは出荷があったもようであるという。しかし、装置のサイズや規模は開示されていないそうだ。みずほ証券はMDB売上高を、上期15億円、下期35億円と見当しているが、決算発表後にフォローする計画であるという。1Q決算は、大震災の影響から連結売上高で64.6億円と見当、上期会社計画に対する進捗率は48%と見当しているとも。(編集担当:佐藤弘)


テーマ :
ジャンル : 車・バイク

【株価】円高警戒も海世間勢の買戻しがなる…昼間の時間産、ホンダが堅調

全体相場は反落。円相場が一場合1ドル=78円台半ばに進行したことを嫌気し、輸出関連株を中心に売りが先行。売り一巡後は買戻しが入り、平均株価は前昼間の場合間比27円02銭安の9936円12銭と小幅に下落して引けた。

[関連写真]

自動車株は海世間投資自宅と見られる買戻しが入り、ほぼ全面高。昼間の場合間産自動車が6円高の846円と反発。三菱自動車のタイ工場で2012年度から『ナバラ』を生産開始することで合意したと伝えられている。大手世間資系証券では夢株価1010円を続けている。

ホンダは60円高の3235円と続伸。大手世間資系証券は夢株価を以前の3150円から3400円に変更。ビジネスジェットで10年後に世界シェア15%以上を目指す方針、と一部で報じられている。

ほぼ全面高の中、トヨタ自動車が25円安の3340円と反落。13昼間の場合間に完全坊主会社化を公表した、トヨタ車体が126円高の1481円、関東自動車工業が32円高の826円と急伸したが、利益確定の売りに押された格好。

スズキが6円安の1814円と反落し、三菱自動車は104円で変わらず。






テーマ :
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。