へっどらいん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱電機、EV充電スタンド向け一番鉛はんだ太陽電池モジュールを納入

 三菱電機 <6503> は8昼間の時間、三菱自動車工業 <7211> の米国における製造?販売会社であるミツビシ?モーターズ?ノース?アメリカ?インク(以下:MMNA)に納入した96枚の「一番鉛はんだ太陽電池モジュール」が、7月7昼間の時間に稼働を開始したことを公表した。

 MMNAでは、電気自動車「i‐MiEV」の米国での発売を今年11月に計画しており、現在、電気自動車(EV)の普及促進のため、全米ディーラーなどにEV充電スタンドの設置を広める計画を推進している。その一環として今回、自社車を停める場所の一画にEV充電スタンドを新設するにあたり、合計8台分のカーポートの屋根上に17kW(キロワット)の太陽光発電システムを補助電源として設置した。設置された太陽光発電システムの年間期待発電電力量は24,000kWh で、余剰電力はMMNAの建屋で使用されるという。

 今回の太陽電池モジュールの受注は、三菱電機の太陽電池モジュールが、一番鉛はんだを使用していることで環境界負荷が低いことや、モジュール能率の高さと製気品の長期信頼性などが評価された格好だ。同社は、これまでにも米国で、一番鉛はんだ太陽電池モジュールを大規模小売チェーンや農場、食気品工場などへ納入してきた実績がある。

 米国では、エネルギー原価の上昇や環境界貢献意識の向上などから、製造業や小売業を中心とした商業領域で太陽光発電システムの導入が進んでおり、同社は今後も、米国マーケットで商業?産業用領域への販売を強化するとともに、EV充電スタンド向けなど新たな領域も開拓しながら事業拡大を目指すとしている。(編集担当:上地智)


スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 車・バイク

KDDI、東電、NEC、東芝、昼間の時間立など10社、「HEMSアライアンス」を立ち上げ

 KDDI、シャープ、ダイキン工業、東京電力、 東芝、昼間の場合間本電気、パナソニック、 昼間の場合間立製作所、三菱自動車工業、および三菱電機の10社は12昼間の場合間、「HEMS」のマーケット確立と普及を目的とした共同検討体制(HEMSアライアンス)の立ち上げを公表した。

【その他の画像、より大きな画像、詳細なデータ表など】

 「HEMS」(Home Energy Management System)とは、ITを活用して自宅庭用エネルギーの見える化や節電を行うノウハウと入る。近年のエネルギー利用に対する興味の高まり、さらに昼間の場合間本では今夏の電力需給逼迫への対策などから注目を集入れいる。今後、メーカー各社が開発する高機能な「スマート自宅電」(EVを含む) は、HEMSアプリケーション(本職グラム)などで相互接続されることが見込まれるが、互換性や基準などさまざまな課題が残されているのが現状だ。

 HEMSアライアンスでは、HEMSアプリケーションからスマート自宅電群への操作のあり方に関する課題をはじめ、HEMSアプリの開発?流通、スマート自宅電の保守などに不可欠な仕組み作りなど、各社共通の課題に関して共同検討を進めるための組織と入る。同場合に“安全”をキーワードとしたHEMSマーケット確立に向けた課題決着にも取り組んでいく。検討に際しては、適宜、スマートコミュニティ?アライアンスなどの各集団やハウスメーカーなどとも連携する計画。

 なおHEMSアライアンス顧問として、東京大学特任教授の荻本和彦氏、弁護士の稲垣隆一氏が就任する。



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

自宅電メーカーなど10社、スマート自宅電普及で共同検討体制

KDDIや自宅電大手など10社は12昼間の時間、HEMS(Home Energy Management System)とスマート自宅電普及の環境界整備に関する共同検討体制「HEMSアライアンス」を立ち上げたと公表した。

[関連写真]

参加企業は、KDDI、シャープ、ダイキン工業、東京電力、東芝、昼間の時間本電気、パナソニック、昼間の時間立製作所、三菱自動車工業、三菱電機の10社。

同アライアンスによると、広く自宅庭内におけるエネルギーの打って付け利用を促進するためには、今後、メーカー各社が開発する高機能なスマート自宅電群を、ホームコントローラーやHEMSアプリケーションなどを活用することによって相互に接続し、各機器の使用状況の可視化や自動操作を便秘気味た自宅庭全体での電力需給打って付け操作の実現が不可欠という。

同アライアンスでは、HEMSアプリケーションからスマート自宅電群への操作のあり方に関する課題をはじめ、HEMSアプリケーションの開発?流通、スマート自宅電の保守などに不可欠な仕組み作りなど、各社共通の課題に関して検討を進めるとともに、“安全”をキーワードとしたHEMSマーケット確立に向けた課題決着に取り組む。

また、スマートコミュニティ?アライアンスなどの各集団やハウスメーカーなどとも連携し、検討の成果については、HEMS普及のために広く社会に提供するとしている。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

[集団]東芝、NECなど10社、自宅庭内エネルギーの打って付け化に向けて「HEMSアライアンス」を設立

 KDDI、シャープ、ダイキン工業、東京電力、東芝、昼間の時間本電気、パナソニック、昼間の時間立製作所、三菱自動車工業、三菱電機の10社は、7月12昼間の時間、自宅庭内のエネルギーを操作し、能率的に需給することで省エネルギーと節電を目指す共同検討体制「HEMS(ヘムス)アライアンス」を立ち上げたと公表した。

【画像入りの記事】

 「HEMS」とは、ホーム?エネルギー?マネジメント?システムの略で、自宅庭内の電気などのエネルギーを管理し、可視化することで、省エネを行うシステムのこと。

 「HEMSアライアンス」は、自宅庭内のエネルギーをコントロールする「HEMS」アプリケーションや、ネットワークを介して「HEMS」アプリケーションでコントロールできる「スマート自宅電」の開発に取り組む。来年夏に節電に向けた何らかの成果を実現し、2014年をめどに一定の成果を出すことを目指している。

 オール電化家などのホームコントローラーは、現段階では操作できる機器に限りがある。また、コントローラーと自宅電製気品のメーカーが異入る時、ユーザーや機器の安全確保のために操作することができない。「HEMSアライアンス」は、異入るメーカーの製気品間の操作ルールや、世間部の開発者との連携に不可欠な環境界の整備などを検討していく。



テーマ :
ジャンル : 車・バイク

自宅電メーカーなど10社、スマート自宅電普及で共同検討体制

KDDIや自宅電大手など10社は12昼間の時間、HEMS(Home Energy Management System)とスマート自宅電普及の環境界整備に関する共同検討体制「HEMSアライアンス」を立ち上げたと公表した。

[関連写真]

参加企業は、KDDI、シャープ、ダイキン工業、東京電力、東芝、昼間の時間本電気、パナソニック、昼間の時間立製作所、三菱自動車工業、三菱電機の10社。

同アライアンスによると、広く自宅庭内におけるエネルギーの打って付け利用を促進するためには、今後、メーカー各社が開発する高機能なスマート自宅電群を、ホームコントローラーやHEMSアプリケーションなどを活用することによって相互に接続し、各機器の使用状況の可視化や自動操作を便秘気味た自宅庭全体での電力需給打って付け操作の実現が不可欠という。

同アライアンスでは、HEMSアプリケーションからスマート自宅電群への操作のあり方に関する課題をはじめ、HEMSアプリケーションの開発?流通、スマート自宅電の保守などに不可欠な仕組み作りなど、各社共通の課題に関して検討を進めるとともに、“安全”をキーワードとしたHEMSマーケット確立に向けた課題決着に取り組む。

また、スマートコミュニティ?アライアンスなどの各集団やハウスメーカーなどとも連携し、検討の成果については、HEMS普及のために広く社会に提供するとしている。





テーマ :
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

Author:mitsubishi, mitubishi, mitsubishi 19, mitsubishi 24, mitsubishi 車
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。